賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

劇場版(映画)『ラブライブ!』の感想と女性シンガーについての考察

   

満を持してというか遅ればせながらというか、ここにきて先日ついに劇場版の『ラブライブ!』を観に行ってきたので、興奮と感動が冷めやらぬうちに感想を書き残しておこうと思う。また、それと関連して、例の女性シンガーについても思うところを少し。

 

というか、完全に個人的な話だけど、そもそも映画館に行くこと自体が久しぶり過ぎて、どういうシステムだったか思い出すのに軽く戸惑ったというね(笑)

 

まあそれはさておき、予習と称して事前にテレビアニメの1期と2期をもう一度観なおして、更にYouTubeにあるダイジェスト版もわざわざちゃんと観てから行ったので、本当に、期待感というかモチベーションが自分の中で最高の状態になっていた。にもかかわらず、その自分の中で勝手に設定していた高いハードルを余裕で超えてくるという素晴らしい出来であった。本当にハラショー過ぎてどうしたら良いのやらといった感じである。

 

というわけで、まずは、色々と小難しい事を語る前に、素直な気持ちで言っておきたい。

 

本当に、「素晴らしい作品をありがとうございました……!」と。

 

純粋に、全てのスタッフ、キャスト、関わった人々に対して感謝しかない。本当に、これほどまでに素直な気持ちになる事というのも自分の中では割と珍しくて、そんな自分に対して軽く驚いているけれども(笑)

 

いやはや、しかし、本当に純粋な称讃と感謝に値する素晴らしい作品創りをしてくれたことは紛れもない事実だ。

 

さて、そんなわけで感想である。これ以降は致命的なネタバレも当然のように含むので、まだ観ていない人は今すぐ映画館に走ってもらうとして(笑)

 

ちなみにオレは「感想」と銘打っておきながら「あらすじ」を書くという行為が嫌いなので、純粋に感想だけを書く事になるけれども、そこはご理解を。

 

というわけで、早速いこう。

 

まず、最初の穂乃果の、水溜りを飛び越える回想シーンは第一印象としては少しだけ「ん?」と思った。何故なら、もうこれまでのTVアニメ全26話の中で穂乃果という人物の性格というかメンタリティは充分に描き切っていて、観ている側もそれを完全に理解しているわけで、ここにきてまた、そういった精神性の部分をわざわざ強調するような描写を入れてくる意味は何なのかな……と、思っていた時期がオレにもありましたとさ(笑)

 

結果から見れば、この映画のシナリオの中で根幹をなす超重要な伏線だったわけだが。まあでも、単純にオレの中では、てっきり2期のラストシーンの続きから始まると勝手に思っていたので、ちょっと意外だったというのが大きいかもしれない。

 

で、個人的に始まり方として非常に好きな演出だなと思ったのが、アメリカに出発する際のメンバーそれぞれの描写とクロスさせる形で、メインスタッフのクレジットを順々に出して期待感を煽っていくというあの感じ。オレ自身、しばらく映画というもの自体をあまり観ていなかったから勝手に目新しさを感じてしまっただけなのかもしれないけれども、個人的には非常にテンションが上がる演出だった。というか、「監督 京極尚彦」が出てきたあたりで早くも若干泣きそうになった。

 

この劇場版は、大きく分けてアメリカ編と日本編といった感じで、うまく物語に緩急をつけてくれていたので、基本的に集中力が長く続かない事に定評のあるオレでも102分間ぶっ通しでずっと集中して観ることができて、上映中に一度も時計をチラっと見たりすることがなかった。でも、ふと冷静になって良く考えれば、TVアニメの約5話分弱の長さのシナリオを一気に追うというのは実はすごい事なのではないだろうか。

 

まあそれはさておき、アメリカ編では、どちらかというと物語の核心に迫るようなシナリオの進め方というよりは、割と『ラブライブ!』という作品が今まで築き上げてきた世界観やキャラクターの魅力というものを、また改めて丁寧に(ときに過剰にw)描いてくれていたなあと思う。

 

個人的にツボだったのは、花陽の「白米が食べたい」からの「あ、このパンおいしい」の流れで、基本的に『ラブライブ!』の登場人物たちは何だかんだで文句や不満があるようなシチュエーションでも決して悪意はないという安心設計なんだなあと改めて思った。ちなみに、このシーンは劇場でもかなりの人数が軽く噴き出していて妙な一体感が一瞬生まれるという(笑)

 

そして、安定の海未のババ抜き(笑)

 

ところで、例の女性シンガーは最初に登場した時の印象ではこの劇場版の中で重要な役割を果たす新キャラなのかなと思ったけれども、それにしては名前も明かさないし去り方も淡泊だしで軽く違和感があったのだけど、やはりその違和感は正しかったんだなあと後の展開で理解するのであった。

 

『Angelic Angel』のライブのシーンは「日本人のアイドルとしてアメリカで(全世界に向けて)ライブをする」という事の意味を非常に良く理解した衣装と演出だったなあ……と観る側がそう思うようにきちんと創り手が考えて設定しているなあ……という二段構えのメタ感想である(笑)

 

思えば、μ’sのライブで和風の演出というのはこれが初めてだったように思える。本当に、最後の最後で良い仕事をしてくれる……!

 

そういえば、『Angelic Angel』のライブのシーンは事前にYouTubeに上がっていて、それを最初に観たときは背景の街並みにあまり意識が向いていなかったので京都が舞台なのかと思ったぐらいである。それぐらい“和風”としての完成度が高かった。まあ、共感してくれる人は果たしているのかどうか未知数だが。

 

あと、ひとつだけ注文を付けるとするなら、ライブの際にお客さんの反応や歓声などがまったく描写されていなかったので、「ライブ映像をもとにして制作したPV」を観ているかのような印象だったのが少しもったいなかったかなと。ニューヨークの街の人々のリアクションをどんな感じにするのか、ライブのシーンを観ながら密かに期待していたのだけど、まさかの場面が切り替わったらもう帰りの飛行機だったという。

 

で、帰国と同時に“夢オチ疑惑”で意外と長く尺を使うという演出(笑)

 

日本に戻ってからは一層、お馴染みのキャラクターをきちんと使い捨てする事なく存分に活かしていて、しかもそれが出番を確保するためのわざとらしいシナリオでは決してなく、きちんと意味のある自然な役割として登場していたので非常に感慨深かった。

 

特に、TVアニメの頃からA-RISEが大好きだったオレとしては非常においしい展開が多くて嬉しい限り。というか、シャンパン付きのリムジンって、どこのスーパースターやねんというツッコミを禁じ得ない。まだ契約一年目(しかも未成年)なのに待遇がすご過ぎるだろ(笑)

 

そして、もはやネット上ではあらゆる意見が飛び交っている例の女性シンガーについてだけど、オレ個人の解釈としては、「穂乃果の未来の姿を暗示している人物」といったところだろうか。

 

あくまで「暗示している」という部分が個人的には非常に重要である。そもそも『ラブライブ!』はタイムトラベル作品という世界観ではない以上、本当に未来の姿であるはずはない。また、穂乃果の幻覚(心象風景・心の声)という説もあるが、そうすると、現実との境界を明確にしないことは演出上の反則技というかマナー違反ではないか思う。実際、アメリカで出会ったときには、路上ライブを他のお客さんも観ていたわけだから、きちんと現実的に存在している人物なのだろう。

 

そうであればこそ、あくまで物語の中だからこそ成り立つ“演出”のひとつとして、自身の体験を踏まえたアドバイスがまるで未来の穂乃果の言葉であるかのように思えるという、ある種の創り手側の仕掛けというか仕込みのようなものなのだろうなと思う。

 

そして、髪や目の色が同じだったり、同じマイクを持っていたり、家には決して入ろうとしなかったり、何より、あれだけ印象的な登場人物であるにもかかわらず最後まで名乗らなかったりと、「未来の穂乃果」である可能性(というか根拠?)を幾つも残しておくというニクイ演出である。

 

これはもはや、意図的に結論を出さず、いくらでも解釈の余地を残す事によって、我々ラブライバーの議論を活発に呼び起こすための材料として創り手側が用意したエサなのではないかとすら思ってしまう。まあ、そう思ったところで、まんまと食い付いてしまったオレに偉そうなことを言う資格はまったくないのだけど(笑)

 

さて、『SUNNY DAY SONG』のライブシーンは非常に圧巻だったことは言うまでもないのだけど、あまりにも人数の規模がすご過ぎて「恐ろしく大変な仕事量なのだろうなあ」などと思わず余計な心配をしてしまった。

 

あと、シナリオ的にもここは非常に感慨深いところだった。μ’sはあくまで「スクールアイドル」であること、そして、あくまで「学校のために頑張る」という一点において最後までブレることはなく、最後は自分たちだけではなく、スクールアイドルという在り方それ自体の魅力を発信するためにライブをやるという、素晴らしく美しい幕引きを見せてくれた。

 

この、あくまで「スクールアイドル」にこだわるというところがA-RISEとの好対照を生んでいるなと思う。どちらも等しく素晴らしいけど、作品のコンセプトである「みんなで叶える物語」というのは、逆に言えば、「自分達だけで勝手に完成してはいけない」というメッセージでもある。何かを為す時に、やはり皆から応援されるような在り方というのは魅力的なのだと改めて感じさせられる。

 

ちなみに最後の方は、もはや『ラブライブ!』の登場人物の全員が踊っていたんじゃないかと思うほどの遊び心が満載な演出(笑)

 

そして、ラストシーンは2年後の春。緑のリボンを着けた雪穂と亜里沙を観て、なんとも切ない気持ちになったのはオレだけじゃないと信じたい。

 

ああ、μ’sのメンバーはみんな卒業していったんだな……。

 

そして、『ラブライブ!』史上最高の楽曲(桐峰調べ)である『僕たちはひとつの光』のライブシーンからエンドロールへ。

 

まずもって、この演出がかっこ良過ぎる。今までで最も美しいライブシーンだったように思う。

 

そして、個人的には歌詞がとても泣ける。

 

『START:DASH!!』の歌詞には、「うぶ毛の小鳥たちもいつか空に羽ばたく」とある。

 

そして、『僕たちはひとつの光』の歌詞には、「小鳥の翼がついに大きくなって旅立ちの日だよ」とある。

 

つまり、『START:DASH!!』で歌っていた「いつか」が「ついに」きたのだということだ。映画の本編でも、穂乃果の「跳べる」という描写が強調されていたけれども、そのダブルミーニングでもあるのだろうなと思う。

 

さすがに、劇場には赤の他人が沢山いたので本格的に泣くことはなかったけれども、今後いずれBlu-rayなどが発売されて、部屋で一人だけで観たりしようものなら間違いなく号泣するだろうなという予感がする(笑)

 

さて、そんなところで、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』の感想を締めさせて頂こうと思う。

 

μ’sの物語の集大成としてふさわしい最高の作品だった。

 

純粋に、『ラブライブ!』という作品のファンでいられることを幸せに思う。

 

 - 物語論