賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ハカ(ニュージーランド代表オールブラックス)の種類とその名称と歌詞の意味

   

ラグビーのニュージーランド代表(通称オールブラックス)が試合前に行うマオリ族の伝統舞踊“ハカ”をご存知だろうか。

 

まあ文章で説明するよりも百聞は一見に如かずということでまずはこちらをご覧あれ。

 

 

これがハカである。ラグビーの国際試合ではいくつかの代表チームは試合前に先住民族に由来する舞踊を行うのが慣例となっているのだけど、このニュージーランド代表のハカがその中で最も有名なものだろう。

 

これは元々、ニュージーランド先住民族であるマオリ族の戦士達が戦いの前に自らを鼓舞し相手を威嚇するために行っていた舞踊であり、まさに、ある意味で自らも命懸けで相手を倒しに行くという世界観がラグビーという競技の性質と非常にマッチしている。

 

ちなみに、日本人である我々の一般的な感覚からすると、このハカは非常に荒々しくて野性味や殺気が剥き出しなもののように思えるが、ニュージーランドでは極めて一般的な舞踊であり、いわゆる冠婚葬祭などのかなりオフィシャルな場面でも行われることがしばしばあるらしい。想像するとちょっと、いや、かなりシュールな気がするが(笑)

 

まあ、それはさておき、実はこのニュージーランド代表が舞うハカには複数の種類がある事をご存知だろうか。多くの人はテレビ中継などでもそこまで気に留めている事は少ないかもしれないが、実はニュージーランド代表のハカには2種類のパターンがある。

 

ひとつは、カマテ(Ka Mate)。

もうひとつは、カパオパンゴ(Kapa O Pango)である。

 

ちなみに、最初の動画はカマテの方である。

 

そして、こちらがカパオパンゴだ。

 

 

どうだろうか。何というか、カパオパンゴの方が少しだけカッコ良い感じがしないだろうか(笑)

 

まあ、それは単純にオレの好みの問題かもしれないけれども、このふたつの役割の違いを知っていれば自然とカパオパンゴの方がカッコ良く見えてくるのではないかと思う。

 

このカマテとカパオパンゴの違いはいわば通常版と特別版の違いといったところだろうか。基本的に練習試合やW杯のグループリーグなどは多くの場合カマテを行うのが普通だ。それに対して、決勝トーナメントやいわゆる“因縁の相手”のような場合はカパオパンゴが披露されることが多い。まあ少し気取った言い方をするなら、「絶対に負けられない戦い」にはカパオパンゴでという感じだろう。

 

ちなみに、このふたつの歌詞を見比べてみるのも面白い。

 

『Ka Mate(カ マテ)』

Ho ri te!
Ha ho ripe!
Ka mau!

Hī!

Rin rin a pa quia awana ri pa kia ne oki!

Akia ne oki!

Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)
Ka mate! Ka mate! (私は死ぬ!私は死ぬ!)
Ka ora! Ka ora! (私は生きる!私は生きる!)

Tenei te tangata puhuruhuru(見よ、この勇気ある者を)
Nana nei i te tiki mai, (ここにいる毛深い男が)
Whakawhiti te ra! (再び太陽を輝かせる!)
A upane! ka upane!(一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!)
A upane, ka upane(そして最後の一歩、そして外へ一歩!)
Whiti te ra! (太陽の光の中へ!)
Hī! (昇れ!)

 

『Kapa O Pango(カ パオ パンゴ)』

Ho ri te!
Ha ho ripe!
Ka mau!

Hī!

Kapa O Pango kia whakawhenua au I ahau!
(オールブラックスよ、国をひとつにさせてくれ!)

Hi aue ii!(今だ!)

Ko Aotearoa e ngunguru nei!
(鳴動する我らの国よ!)

Au, au aue ha!(今こそ、我が奮起する時!)

Ko Kapa O Pango e ngunguru nei!
(それこそが我らをオールブラックスたらしめる!)

Au, au, aue ha!(今こそが その時だ!)

I ahaha!
(輝く時!)

Ka tu te ihiihi(我々が支配し)
Ka tu te wanawana(その優位は偉大なる勝利となり)
Ki runga ki te rangi e tu iho nei, tu iho nei ihi !
(敬われ高く掲げられる)

Ponga ra!(シルバーファーン!)

Kapa O Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

Ponga ra!(シルバーファーン!)

Kapa o Pango, aue hi!
(我々はオールブラックス!)

 

カマテの方は元々、19世紀初頭にマオリのある部族の長が敵に追われて地下の食糧庫に逃げ込み、そこから地上に這い出したところを最初に見つけたのが味方の部族の者だったことから、命が助かった喜びと感謝を表すために踊ったものであり、歌詞の中にもそういった世界観が良く表れている。

 

一方でカパオパンゴの方は完全にラグビーのニュージーランド代表のために創られたような歌詞であり、代表チームのロゴでもあるニュージーランドを象徴する植物の銀シダ(=シルバーファーン)なども歌詞に出てくる。まさに重要な試合のためのとっておきといった感じである。

 

いずれにしても、マオリ語の聞き慣れない感じも相まって、我々のような普通の日本人にとってはかなり独特の空気感があるように思える。まあしかし、こういったある種の異文化理解もスポーツを観る際のひとつの面白さかなと思ってみたりしつつ。

 

暇があったら頑張って歌詞を覚えて、振りも完コピしてやろうかなどと密かに企んでみたりするのであった(笑)

 

 - スポーツ