賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Promise』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

 

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Promise』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Promise』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:近藤聖子
作曲:鈴木三博

曲の構成は、

Aメロ Aメロ サビ
Aメロ サビ
サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “I’m with you どんなときも”

 

≪解釈&考察≫

言わずと知れたゴスペラーズのデビュー曲である『Promise』です。

 

この楽曲はもともと、ゴスペラーズが所属していた早稲田大学のアカペラサークル、Street Corner Symphony の先輩たちによって作られた曲で、原曲は歌詞が全部英語だったとのことです。(参考:書籍『ノーカット』)

 

そして、この曲を当時の持ち歌として歌っていくにあたって、日本語の歌詞に直そうということになり、「やっぱり、リードを歌うやつが歌詞を書くべきだ!」というリーダーの無茶振りを受けた黒沢さん(笑)

 

同じ Street Corner Symphony の友人(彼女?)に丸投げします(笑)

 

まあ、丸投げだったかどうかはわかりませんが、とにかく近藤聖子さんという方に作詞をお願いしたようですね。

 

ちなみにこれは完全な余談ですが、ゴスペラーズにあまり詳しくない友人には、『Promise –a cappella-』のPVを観せて、「これがデビュー曲だよ!」っていう紹介をします(笑)

 

いや、当然ながら正確には違うんですけど、あながち間違いではないだろう、という自分ルールに基づいて行動しています(笑)

 

さて、それでは解釈と考察に。

 

この曲の歌詞は、視点がゴスペラーズからというより、ゴスペラーズに向けてといった作りになっているところが非常に特徴的だと思います。

 

まずはAメロから。

 

“波の彼方 続いてゆく 眩しさに足を止め”

 

これは、ゴスペラーズが進んでいく先のレベルの高さに対して、今まで一緒に歌ってきた仲間として、少し、いい意味での恐れのようなもの(つまり“眩しさ”)を抱いていて、だからこそ一緒にその先まで進むことは躊躇われるという意味での、“足を止め”なんだと思います。

 

“思いすべて 伝えられる 術もなくただ”

 

ここでの“思い”とは、「もっと一緒に歌っていきたい」だったり「遠い存在になってほしくない」だったり、いろいろあると思うんですが、すでにデビューへの決意を固めていた彼らにはまさに“伝えられる術もなく”といった感じですよね。

 

“空の色を感じながら 君だけを確かめて”
“迷うことなく君の夢 見届けたい今は”

 

“空の色”というのは「天気」のことだと考えると、ゴスペラーズのこれからの運命の比喩になっているのだと思います。

 

そして、ゴスペラーズがこれから進んでゆく道(つまり“君の夢”)を、これからどんどん増えるであろうファンの一人として“見届けたい”と言っているのだと思います。

 

そしてサビへ。

 

この『Promise』はゴスペラーズにしては珍しくと言いますか、サビで言っていることが非常にシンプルで、結局、“I’m with you”と“my promise”しか言ってないんですよね。

 

しかし、ここも視点が重要で、「ゴスペラーズが」どんな道を進んでもずっと見守っていくという、いわばファンとしての誓いのようにも聴こえる内容だと思います。

 

そして2番へ。

 

“君の証 刻める明日が どこかにあるならば”

つまり、ゴスペラーズが音楽を続けていくその“証”が未来のいつかの時点で残せると信じられるのならば、

“この場所から歩き出そう つかめるはず いつか”

この『Promise』からゴスペラーズの音楽を始めていこう。

 

いつか認められる時が来る、という熱い想いを感じます。

 

そして、この時点では知る由もないことですが、実際に『永遠に』や『ひとり』といった楽曲で、その“証”を刻むことができたわけです。

 

こう考えてみると、『永遠に』や『ひとり』などの楽曲の存在によって、この『Promise』という楽曲が、より一層意味を持ってくると思います。

 

そんな楽曲同士の歴史的な繋がりもゴスペラーズの大きな魅力のひとつですよね。

 

さて、2番のサビは、最後だけが少し1番と違います。

 

しかし、メッセージとしては大差ない表現の違いですのでそれほど問題はないと思います。

 

そして間奏へ。

 

黒沢さんのヴォーカルテクニック祭りです(笑)

 

最後のサビですが、1回目がいわゆる「落ちサビ」になってるんですけど、これがまたいい味出してるんですよね。という歌詞と関係ない話に(笑)

 

まあ、1回目は1番のサビと同じ歌詞なので問題はないでしょう。

 

2回目のサビに関しては、つまり、当時、ポップとしてのハモリグループというまったく新しいスタイルを目指していたゴスペラーズに対して、その独自性をいつまでも持っていてほしいという非常に強い想いが感じられます。

 

そしてラスト。

 

“Keep smilin’ It’s just your promise”
“I’m with you It’s just my promise”

 

もうここの歌詞に関しては何も考察する必要はありませんよね。

 

素晴らしい呼応表現だと思います。

 

この『Promise』という楽曲はここまで述べたとおり、ゴスペラーズに向けての、かつての仲間からのメッセージであるという解釈をしました。

 

しかし、当然ながらそれを歌うのはゴスペラーズであり、当然ながら、歌う相手は我々ファンに対してということになりますよね。

 

この『Promise』という楽曲のすごいところは、普通に聴いている限りは、スタンダードなラブソングにも友情ソングにも応援ソングにもなりうるというところです。

 

というか、本来、このように背景までさかのぼって解釈するような私みたいな人は珍しいと思うので(笑)基本的には普通の良い曲として聴こえるはずです。

 

もう約20年も前の楽曲ですが、いつまでも色褪せない素晴らしい楽曲だと思います。

 

そんなわけで、『Promise』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“I’m with you It’s just my promise”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽