賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『カーテンコール』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

 

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『カーテンコール』の歌詩について

私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『カーテンコール』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:北山陽一

曲の構成は、

Aメロ サビ
Aメロ サビ(?)

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “広い世界中で ただ一人 僕を選んだ理由を”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズの3rdアルバム『MO’ BEAT』のラストを飾る『カーテンコール』です。

 

この曲はちょっと不思議な雰囲気を持っていて、時間もかなり短いですね。

 

しかし、個人的にはこの不思議な感じも含めてかなり上位レベルに好きな楽曲の一つです。

 

ではさっそく、短いですが歌詞の方へ。

 

“あの日から続く 恋の理由を”
“一つ一つ思い浮かべて そっと確かめてる”

 

言っていることはシンプルで分かりやすいんですけど、表現が絶妙ですよね。

 

“広い世界中で ただ一人 僕を選んだ理由を”

 

ここで、「あれ?」と思いませんでしたか?

 

ひとつ前で出てくる“理由”はてっきり、「私が」「あなたに」対しての“恋の理由”を“思い浮かべて”いると思いますよね。

 

しかし、ふたつ目の“理由”(読みは「わけ」ですね)は、「あなたが」“僕を選んだ理由”になっています。

 

ということは、最初から、「あなたが」“僕を選んだ理由を”“思い浮かべて”いたということですね。

 

そして、

“あの日 もし二人 違う誰かと”
“日差し浴びた 改札口で めぐりあっていたら”

結局、偶然の出会いがすべての答えだったという、いささか不完全燃焼な感じに(笑)

 

しかし、ラストが特徴的で、

“これでもう 終わる日々を”
“思い出す 今日の意味を”

この“思い出す”はダブルミーニングなんですね。

 

つまり、今の時点で“これでもう 終わる日々を”“思い出す”という意味と、未来のいつかにおいて、振り返った過去である“今日の意味を”“思い出す”というふたつを一回で言っているわけです。

 

この『カーテンコール』というタイトルは、そもそも、舞台の幕引きの後でもう一度演者を呼ぶことですから、終わった恋物語をもう一度思い返すというこの曲の内容と非常にマッチしていると思います。

 

あまりに曲が短すぎて、多くは語られないこの歌詩ですが、多くは語らないからこそ、全体的な雰囲気や背景を自由に想像しやすいという点がこの『カーテンコール』という楽曲の大きな魅力の一つだと思います。

 

そんなわけで、『カーテンコール』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“思い出す 今日の意味を”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽