賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『ミモザ』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

 

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『ミモザ』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『ミモザ』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:黒沢薫、佐々木真理

曲の構成は、

Aメロ Aメロ サビ
Aメロ サビ
Cメロ サビ サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “ガラスの靴で踊るミモザ”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ初のベストアルバム『G10』のリードシングルとなった『ミモザ』です。

 

この『ミモザ』というタイトルは、花の名前ですね。

 

確か、オジギソウの花だったような……(うろ覚え)

 

ちなみに、花言葉は「真実の愛」だとか。

 

まさにスイートなラブソングのタイトルにぴったりだと思います。

 

では内容に入りましょう。

 

“誰かと比べるような 恋なんてしなくていい”

 

こういった表現というのは、ありきたりなようでいて意外と鋭いこと言ってますよね。

 

恋愛の形というのは相対的にどうこうではなくて、ひとつひとつが絶対的な価値を持っているのだということですよね。

 

“誰も知らない(秘密の)その扉開けてあげる”

 

つまり、歌詩の世界観の中で、主人公とヒロイン以外の“誰も知らない”恋の形を見せてあげる、ということですね。

 

“もしも全ての光を(思い出も)暗闇と引き換えても”

 

ここの表現は多少難しいんですけど、“全ての光”というのは、未来における希望や可能性といったものの比喩だと思います。

 

そして、こちらは簡単ですが“思い出”というのは当然ながら過去のこと。

 

つまり、過去や未来をすべて捨てる覚悟をしてでも(つまり“暗闇と引き換えても”)

“たったひとつの(君だけに)愛の形を確かめて”

ということですよね。(ここはもう説明不要だと思います)

 

そしてサビへ。

 

“ガラスの靴で踊るミモザ 金色の甘いキスを”

 

えっとですね、ここに関しては、正直、わからないです(笑)

 

いや、決して思考放棄しているわけではなくて、通常、“ガラスの靴で踊る”とくれば、イメージするのは当然ながらシンデレラだと思うんですけど、ミモザとシンデレラの関連性がいまいちよくわからないんですよね。

 

全編通して歌詩の内容を見てみると、確かに王子様の視点でシンデレラに対して歌っているというように受け取れなくもないんですが、肝心のミモザはどこから繋がるのかっていう……。

 

読者の方でこの辺の関連性をご存知の方は是非コメントなどで教えてください(笑)

 

さて、サビの後半部分については、解釈のしようがないと思います。

 

すべての恋で誰もがそう思いたいものですよねえ(ふっと遠くを見ながら)

 

さあ2番へ。

 

“触れた場所にメロディーライン”

 

この表現を最初に聴いたときは、けっこう衝撃を受けましたね。

 

ああ、負けたな、と。

 

いや、何の勝負もしてないんですけど(笑)

 

それはさておき、まさにこの2番の歌詩がシンデレラ的なストーリー展開なんですよね。

 

“触れた場所にメロディーライン(I love you)”
“お互いを覚えてる”
“二度と消えない(君だけに)真実のこの鐘を何度でも鳴らそう”

 

この“鐘”というのは王子様とシンデレラが出会う教会の鐘ですよね。

 

しかし、何度聴いてもミモザとの関連性はわかりません(笑)

 

この『ミモザ』はサビの歌詩が毎回同じになっていますね。

 

“ガラスの靴で踊るミモザ”

 

という非常にインパクトのあるフレーズなので繰り返し何度も聴かせるのが効果的なのでしょう。

 

あくまで私の解釈ですが(笑)

 

さてCメロへ。

 

“ミモザの花の季節をいつしか時が追い越しても”

 

ミモザの季節は主に、冬の終わりから春の始まりにかけてですね。

 

“二人巡り会えたら ただ真っ直ぐに運命を迎えにゆくだけ”

 

この辺も、なかなか難しいというか、正直、王道なラブソングとして美しく聴こえる言葉をシンプルに選んでいると思うので、特に裏の意味、というか解釈の余地はあまりないかな、とも思います。

 

それにしても、このフレーズのラストのロングトーンのなんと高いことか(笑)

 

あの音は確か、高いBだったと思います。

 

という歌詩と関係ない話に(笑)

 

このラストのサビは二回目から酒井さんのコーラスパートが変わりますね。

 

“(忘れられない あの日の君が)”

と、

“(見つめるだけで 恋に落ちてた)”

がリードヴォーカルとクロスオーバーして入ってきます。

 

このフレーズもそこはかとなくシンデレラ的な世界観ですよね。

 

この『ミモザ』という楽曲は、CD音源だとフェードアウトで終わってしまうんですが、個人的には、ライブ版のアレンジがとても好きです。

 

“君だけに”

 

そんなわけで、『ミモザ』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“きっと最後の恋さ”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽