賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『一筋の軌跡』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『一筋の軌跡』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『一筋の軌跡』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:ゴスペラーズ
作曲:酒井雄二

曲の構成は、

1番 サビ
2番 サビ サビ
サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “一つになるのさ”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ初のベストアルバム『G10』をリリースして以来の再始動シングルともいうべき『一筋の軌跡』です。

 

この『一筋の軌跡』はなんというか、世間一般のイメージからすると「ゴスペラーズっぽくない曲」だという感覚がおそらくあったと思うんですけど、我々のように純度の高いゴスマニからすると、このリードヴォーカルが次々と入れ替わる感じこそが王道なバラードとはまた違ったゴスペラーズの大きな魅力のひとつだという感覚なんですよね。

 

歌詞の内容で注目すべきは、まずは何と言っても、最初のつかみですよね。

 

“一つになるのさ”

 

極端な話、この『一筋の軌跡』という楽曲で描かれているメッセージは結局これだけだといっても過言ではないと思います(笑)

 

まあそれはともかく考察へ。

 

“遮る壁など無い 心が呼びかける”

 

ここはスタートからかなり前向きな表現が来ていますね。

 

つまり、ゴスペラーズがやっていく音楽のスタイルに対して絶対的な自信があるため、自分たちの心の趣くままに進んでいけばいいのだという強い決意の再確認のような思いが感じられます。

 

“聴こえたならすぐその声で 繋がれ 繋がる言葉を”

 

ここは昔からのゴスペラーズのスタイルである、誰かが歌い始めたら他の4人が次々とハモっていくという、ある種の原点回帰のような部分をうまく表現していると思います。

 

“ソロエ チラセ ズラセ ハモレ”

 

ここはもう説明不要ですよね。

 

酒井さんお得意の言葉遊びのセンスがほとばしっています。

 

しかも“ハモレ”の部分でちゃんとハモっているという芸の細かさ(笑)

 

“駆け抜けるスピードで”
“カーブを描いて 吸い込まれてゆくように”

 

この部分はまさにタイトルである『一筋の軌跡』というモチーフを象徴している歌詞だと思います。

 

そしてサビへ。

 

“一つになるのさ 一筋の軌跡を追って”

 

字面だけで聴いていても非常に綺麗な歌詞なんですが、もう少し深読みすると、アカペラというスタイルだったりハモリグループだったりという一つの目指すべき方向性に対する道筋みたいなものを“一筋の軌跡”と表現していて、それを追いかけていくことで、ゴスペラーズとしてこれまでも一つになることができていたし、また未来に向かってもっともっと“一つになるのさ”という意志表明でもあるのだと思います。

 

そして、

“見届けたいのさ 一人の力では成し得ない奇蹟を”

という歌詞は、5人いるからこそ成し得るゴスペラーズという“奇蹟”をこれからもずっと見せていくという強い想いを感じます。

 

さて、2番へ。

 

“歌え 今ここが永遠”

 

ここは結構長いフレーズが意味的に繋がっていると思います。

 

まず、“今ここが永遠”という表現は、こうしてゴスペラーズとして歌っている一瞬一瞬をこれからもずっと続けていきたいという想いを表しているのだと思います。

 

そして、“永遠”でありたいと願いながらも、逆に未来が待ちきれないくらい密度の濃いゴスペラーズとしての在り方がまさに、

“明日が始まるくらい”

なのでしょう。

 

だからこそ、

“吐き出せ思うままに 重なれ重なる舞台と”

これからも、もっともっといくらでもライブをはじめとする“舞台”で音を重ねていくのだという想いが感じられます。

 

そして、ここからは、また得意の言葉遊びが炸裂します。

 

しかし本当にゴスペラーズの楽曲は誰が作詞(作詩)していても非常に言葉とメロディの親和性が高いですよね。

 

さすが、元来持っている教養の水準の高さが随所にうかがえます。

 

2番のサビ前のフレーズは割とスタンダードに綺麗な表現が並べられているなという印象です。

 

また、サビの直前は、安岡さんがリードで酒井さんが下からハモるという非常に珍しい組み合わせになっていますね。

 

っという微妙に歌詞と関係ない話に(笑)

 

2番のサビは、1回目の黒沢さんがリードの部分が1番と違いますね。

 

“一つになるのさ 人つなぐ鼓動に乗って”
“聴こえてくるのさ 一人ひとりの歌が”

 

これぞまさに、ゴスペラーズという存在、というかヴォーカルグループという存在の理想的な在り方を体現したような歌詞だと思います。

 

素晴らしいの一言ですね!

 

そして、ここから先は1番と同じサビですね。

 

ちなみに、ここのラストは、

“成し得ない”

で歌詞表記も終わってしまっていて多少の不自然さを感じます(笑)

 

ここから間奏を挟んで、最後にサビが2回で終わりですね。

 

この『一筋の軌跡』のメインとなる、“一つになるのさ”というフレーズは、英訳すると、この2006年の秋にリリースされるアルバム『Be as One』のタイトルになっているんですよね。

 

まあ、厳密には、「Be as One」という表現は、直訳すると「1として存在する」という意味になるんですが、ニュアンス的には全く問題がないので非常にかっこいいタイトルだと思います。

 

こういった「仕掛け」というか「ニクイ演出」がゴスペラーズは非常に似合いますよね。

 

そんなわけで、『一筋の軌跡』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“見届けたいのさ 一人の力では成し得ない奇蹟を”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽