賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『あたらしい世界』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『あたらしい世界』の歌詞について

私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『あたらしい世界』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:康珍化
作曲:北山陽一

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “何もかもが あたらしい世界へ”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズの11枚目のシングル曲である『あたらしい世界』です。

 

ベストアルバム『G10』における順位投票で『東京スヰート』が1位になったことは皆さんご存知の通りだと思いますが、実は、この『あたらしい世界』がシングル曲では最も得票数が多かったんですよね。

 

世間一般で広く有名になる前の楽曲がこうして長くファンに愛されるというのは素晴らしいことだなと思ったりしつつ。

 

まずはAメロから。

 

“いつか僕が失くした ココロの”
“最後のパズルの欠片を やっと見つけたよ”

 

なかなか味のある表現ですよね。

 

こういった方向性はまた安岡さんとは違ったスタイルですが、非常に「うまい」歌詞だと思います。

 

Bメロへ。

 

……というか、この『あたらしい世界』の場合、形式上このように表記していますが、あんまりBメロって感じがしないんですよね(笑)

 

それはともかく、

“あの日 きみのキスが触れて”
“ぼくは自然に 生まれかわれた”

「キスが触れる」という表現が一般的かどうかはさておき、この部分は非常にメッセージ性の強い歌詞ですよね。

 

歌詞の世界観における主人公とヒロインが出会う前と出会った後とでは、生きている世界そのものが違うというくらいの二人にとってのターニングポイントだということなのでしょう。

 

そしてサビへ。

 

“何もかもが あたらしい世界へ”
“きみをさらって行こう”

 

ここはBメロからの内容のそのまま続きですよね。

 

『ミモザ』における“連れてゆくよ 君がいれば”のあたりに通じるものを感じます。

 

“世界一 短い誓いをするよ”
“そう きみが好きだよ”

 

ここの表現は初めて聴いた当時、「すげえ!」と単純に思いましたね。

 

まあ、厳密に言えば、イタリア語の「Ti Amo」の方が短いのでは、とか屁理屈はいくらでも言えてしまうんですけど、そんなことはどうでもよくて、この発想力と表現力ですよね。

 

どんなに言葉をたくさん並べようと、結局言いたいことはひとつだけであると。

 

そんな、シンプルでありながら当たり前の真理に気づかせてくれる素晴らしい歌詞だなと思います。

 

さて2番へ。

 

あ、歌詞とは直接関係はないんですが、ここで、あろうことか、いきなり転調して半音2つ分もキーが上がります。

 

かつて、音楽理論にあまり詳しくなかった頃、「なぜかカラオケで2番以降が高すぎて歌えない!」という(当時の私にとっては)原因不明の悲劇に見舞われた記憶があります(笑)

 

そんな雑談はさておき、考察へ。

 

“こんなに 誰かのことを 今まで”
“大事に想うことなんて いちどもなかった”

 

この辺は非常にスタンダードなラブソングといった感じでしょうか。

 

あまり深く解釈する余地もなく、シンプルに伝わると思います。

 

“きみのそばにいると わかる”
“どんな小さな 涙の音も”

 

このあたりもまた「うまい」歌詞ですよね。

 

本来、涙なんてほとんど音がするものではありませんが、こういった表現だと非常にリアリティを感じてしまいます。

 

“いつかきみの 悲しみの全部を”
“消してあげられるように”
“強くなろう どんなことが待ってても”
“きみとなら平気さ”

 

2番のサビもまた、前半部分はBメロからの内容が続いています。

 

“どんな小さな涙の音も”わかるからこそ、“悲しみの全部を 消してあげられるように”と繋がっていくわけです。

 

サビの後半部分は割とスタンダードな歌詞ですね。

 

この『あたらしい世界』は、いわゆる「味のある歌詞」と「スタンダードな歌詞」が絶妙なバランスで散りばめられていますよね。

 

そして、間奏の後、Cメロへ。

 

しかしまあ、ここは特に問題ないですよね(笑)

 

というか、この部分はいつも、歌詞よりも黒沢さんと村上さんのハモリの絶妙さに聴き入ってしまっています(笑)

 

そして、ラストのサビへ。

 

“生まれたての あたらしい世界で”
“きっと見つけてあげる”
“そうきみの やさしさが涙なんかに”
“変わらない世界を”

 

ここの歌詞もまた非常に「うまい」ですよね。

 

1回のサビ全体でひと繋がりの意味になっているんですが、

 

なんというか、うまく言葉に表せないんですけど、聴いていてとても心地よい表現だなと感じます。

 

2回目のサビへ。

 

“いつかきっと たくさんの力が”
“きみとぼくに芽生えて”
“見たこともなかった夢を叶える”
“最高の魔法で”

 

ここはちょっと解釈が難しいような気もします。

 

というか、“魔法”ってなんだ?

 

という話ですよね(笑)

 

比喩にしては少し対象が曖昧な気がしますし、もちろんこの『あたらしい世界』はファンタジーの話ではありませんから、本当に、“魔法”ってどこから出てきたんだ?

 

というのが正直な印象です。

 

ここだけは今のところ、ちょっと自分の中で明確な決定稿が示せないでいます。

 

読者の方の中で何かうまい解釈のアイデアなどありましたら是非お聞かせください。(さらっと丸投げw)

 

さて、いよいよラストです。

 

“生まれたての あたらしい世界で”
“きみを両手に抱いて”
“世界一 短い誓いをするよ”
“誰よりも好きだよ”

 

全体的な雰囲気は1番のサビと似ているんですが、細かいところが少し違います。

 

しかし、いずれにしても、ラストを飾るにふさわしい美しい歌詞だと思います。

 

そんなわけで、『あたらしい世界』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“Just we’ll be there”
“It’s gonna be a long dream”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽