賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Love me! Love me!』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年4月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Love me! Love me!』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Love me! Love me!』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:北山陽一

曲の構成は、

サビ
Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “聞かせて Love me! Love me!”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ13枚目のアルバム『SREP FOR FIVE』に収録されている『Love me! Love me!』です。

 

全員がリードヴォーカルで登場するアカペラ曲という、ある意味ゴスペラーズのスタンダードなスタイルに近い楽曲ですよね。

 

さて、内容に。

 

“聞かせて Love me! Love me!”
“君は浮気な Candy girl”

 

イントロの後いきなりサビから始まります。

 

「candy girl」は、正確な訳語はちょっとわからないんですが、まあ、ビッチまでいくと言い過ぎですけど、チャラ男の女性バージョンみたいなニュアンスだと思います。

 

“きっと この手を選ぶよ”
“おいで 二人の Shangri – la”

 

「Shangri – la」は理想郷という意味ですね。

 

この『Love me! Love me!』は、小悪魔っぽい女の子をいろんな男の側の視点から描写するというストーリーになっていて、なんというか、意外と女の子に振り回される系のラブソングって珍しいんじゃないかと思ったりもします。

 

正直、歌詩の内容も首尾一貫しているのでわかりやすい曲ではありますよね。

 

さて、Aメロへ。

 

“十人十色の恋もいいけど”
“誰もが羨む恋もあるさ”

 

ああ、かつて『ミモザ』では“誰かと比べるような恋なんてしなくていい”と言っていたのに、ゴスペラーズ、変わっちまったな……、というのは冗談ですが(笑)

 

この『Love me! Love me!』という楽曲の世界観はつまりそういうことだということですよね。

 

Bメロへ。

 

“眼差しひとつで Jumping Heart”
“男達は Fall in love”

 

これ結構すごいことですよね。視線だけで心が飛び跳ねて恋に落ちるとは(笑)

 

“手の届きそうな距離で微笑むから”
“信じたいよ You are mine”

 

この辺もなかなかニクイ感じがよく表されていますよね。

 

少女漫画で3巻ぐらいから出てくる恋敵とかにありがちなキャラ造形だと思います(笑)

 

そしてサビへ。

 

“でも教えて Love me! Love me!”
“僕を導く Hand in hand”

 

手を握って引っ張っていく感じがまさに「そういう感じ」ですよね(笑)

 

“ずっとその手離さないよ”
“まるで奇跡の Shangri – la”

 

そして、一丁上がりと(笑)

 

こうして男は勘違いしていくのですね(笑)

 

さて2番へ。

 

“一生一度の愛と言うけど”
“今夜の気持ちを愛と言うのさ”

 

もはや「恋」のレベルを超えてしまっています(笑)

 

しかもここはリードヴォーカルが村上さんなのでことさらにリアルな感じですよね。

 

いや、勝手なイメージの問題ですけど(笑)

 

さて、Bメロへ。

 

“時計が止まれば Through the night”
“とこしえに We are in love”

 

ある種ふざけたような歌詩(おいw)の世界観の中で、このあたりはやはり安岡さんならではといった感じがしますね。

 

表現がとてもきれいだと思います。

 

“夢見るくらいに時を重ねたまま”
“踊りたいよ Shall we dance?”

 

なるほど、この部分における舞台はクラブみたいなところだったわけですね。

 

前半部分を最初に聴いたときはベッドの上を感覚的にイメージしていたので少し意外でした。

 

そしてサビへ。

 

“ほら答えは Love me! Love me!”
“誰も知らない Secret time”

 

ここはけっこう前向きというか、二人はうまくいっていそうに思える歌詩がきていますね。

 

“やっと見つけた扉を”
“開けた向こうは Shangri – la”

 

ここで話が終わってたらハッピーエンドだったのに(笑)

 

問題はCメロです。

 

“君はまだ気付かないふりをして”
“僕の手をまたすり抜けて笑う”

 

な、なんという小悪魔……ッ!!!

 

歌詩の内容自体はストレートすぎて、どう解釈しても小悪魔でしかないですね(笑)

 

そして最後のサビです。

 

“La la la la Love me! Love me!”
“恋は素敵な Magic sign”
“今 感じた心は”
“ごらん もうすぐ Shangri – la”

 

この1回目は珍しく、ハモらずにユニゾンで歌っていますね。

 

内容的には、もうCメロが全部持っていっちゃったので特に解釈のしようがないかなといった感じです(笑)

 

そして、ラストサビの2回目は一番最初の歌詩と同じという。

 

なんというか、

「恋って結局同じようなことを繰り返すよね」
「男って結局そういうもんだよね」

といったような暗黙のメッセージ性を感じます。

 

まあ、これは深読みといえば深読みですが。

 

そんなわけで、『Love me! Love me!』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“おいで 二人の Shangri – la”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽