賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『風をつかまえて』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『風をつかまえて』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『風をつかまえて』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:北山陽一

曲の構成は、

サビ
Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ Bメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “もうすぐ南風”

 

≪解釈&考察≫

さて、10周年のお休みが明けて、『一筋の軌跡』とともに両A面としてリリースされた『風をつかまえて』です。

 

この『風をつかまえて』は、『一筋の軌跡』同様、PVが非常に爽やかで、「ザ・初夏」といった感じの楽曲だと思います。

 

作詩・作曲が同じメンツである『約束の季節』に少し似たニュアンスを感じたりもしますね。

 

では内容に。

 

“もうすぐ南風 生まれたての季節が 二人だけ”
“追いかけてゆく 重ねた掌で まだ誰も知らない明日まで”
“永遠の向こうへ”

 

北山さんの作曲にしては珍しく、最初にサビから始まります。

 

“南風”というのはまさに初夏の風なので、この夏が二人の関係を後押ししていく(つまり“追いかけてゆく”)といった内容ですね。

 

“重ねた掌で”というのはシンプルに「手をつないで」という意味でしょう。

 

そして、最後は、ずっと二人で進んでいこうというニュアンスですね。

 

Aメロへ。

 

“めぐり逢いは同じ未来の証”

 

ここの歌詩はとても良いですね。

 

まず出会った時点で共に歩む未来が証明されているのだという運命論的な表現。

 

もちろん現実でそんなことを言っていたらただのサムい人なんですが、楽曲の世界観に非常にマッチしているのでとても美しい言葉として成り立っていますよね。

 

“まばたきの続き 全てあなたにあげる”

 

“まばたきの続き”というのは、「視線」の意味だと思うので、ここは、「僕がこれから見ていく世界を全てあなたと共有しよう」という意味にとれると思います。

 

そしてBメロへ。

 

“名前の無い日々を 運命と呼べるとき”

 

このあたりは、『街角 -on the corner-』における、“名前の無い明日 未来と名付け はしゃいだ”の部分と通ずるものを感じます。

 

この『風をつかまえて』では、やはり“運命”というのがキーワードになるわけですね。

 

“会えない時間さえ 恋だと気付くだろう”

 

ここはまたなんというロマンチックさ(笑)

 

……というよりは、会っていない時間すらも恋というものの構成要素の一つであると理解できるようになるという、実は非常に精神年齢の高い表現になっているんですよね。

 

このあたりはさすが安岡さんだなあと思ったり。

 

さて、1番のサビの歌詩は最初と同じなので問題ないですね。

 

2番にいきましょう。

 

“すれ違いも約束への階段”

 

いいですね。恋愛の初期段階において紆余曲折している感じもまた、大切な道のりの一つなのだということですね。

 

“昨日の行方は 遥かあなたのもとへ”

 

“昨日の行方”って一体どこだろう、と考えると、当然ながら、「今日」であり「明日」なわけですよね。

 

つまり、今と、そして未来に向かって二人の方向が一つになっていくということでしょう。

 

さて、Bメロへ。

 

“小さな喜びが幸せになるように”
“笑顔を願うなら 愛が見つかるだろう”

 

ここはもう説明不要だと思います。

 

優しく、暖かく、美しい、これぞラブソングといった歌詩ですね。

 

そして2番サビへ。

 

最初のワンフレーズは毎回同じですね。

 

“待ちわびた言葉なら 二人だけ 甘い囁き”

 

ここでいう“言葉”がどのようなものかはわかりませんが、とにかく“甘い囁き”なのでしょう(笑)

 

いや、ふざけているわけでは決してなくて、ここは“二人だけ”という部分で1番のサビと韻を踏んでいることで、この部分だけ聴くとあまりよくわからないんですよね。

 

ですので、ここは雰囲気優先ということにさせてください(ひどい逃げ方w)

 

“伸ばした掌で 未来を運ぶから 明日まで”
“始まりの向こうへと”

 

“伸ばした掌”というのは、つまり、相手を引っ張っていくイメージですね。

 

それが同時に“未来を運ぶ”という表現にもなっているのだと思います。

 

“始まり”というのは、恋愛において、交際にいたる、あるいは結婚するというのは、ひとつのゴールであると同時にスタートでもあるという、まあ様々な場面で耳にする当たり前の感覚だと思うんですが、この歌詩ではそのスタートだという部分によりフォーカスして、さらにその先へ進もうと言っているのだということですね。

 

Cメロへ。

 

この『風をつかまえて』のCメロは、なんというかコーラスの部分とリードヴォーカルの部分が絶妙にクロスオーバーしているので、全体を通したときの日本語としての整合性が少しだけ怪しい部分もありますが、まあ、大雑把な意味では、二人だけの世界であなたの存在を強く意識するというなんともストレートに甘々な歌詩ですよね。

 

そして、“風をつかまえて”というのはタイトルでもありますが、そもそも風というのは空気が動いている状況のことですから、それをつかまえるためには永遠に追いかけ続けなければいけないわけですね。

 

まあ、そんな物理的な話はどうでもよくて(笑)

 

要するに、結局「ずっと」ってことなんですよね。

 

そして、間奏の後、珍しくもう一度Bメロです。

 

“瞳の奥映る 今を形にすれば”
“少しだけ寂しい それこそが愛おしい”

 

ここは、1番の“まばたきの続き 全てあなたにあげる”の部分と対応していると思います。

 

つまり、どちらも「見ている世界」をモチーフにした表現なんですが、“今を形にすれば 少しだけ寂しい”というのは、二人で一緒にいるこの時がまだまだ完成系ではなく、もっともっと求める余地があるということです。

 

そして、そう思えることがまさに、“それこそが愛おしい”に繋がっているのだと思います。

 

なんという上手すぎる表現!!!

 

そんな余韻を残しつつラストのサビへ。

 

歌詩はそれぞれ1番2番のサビを繰り返します。

 

そんなわけで、『風をつかまえて』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“始まりの向こうへ”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽