賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『冬響』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『冬響』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『冬響』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:山田ひろし、酒井雄二
作曲:酒井雄二

曲の構成は、

サビ
Aメロ サビ
Aメロ サビ
Cメロ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “Oh love 温もりを移してあげよう”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズのシングル曲としては意外なことに初めての冬をフィーチャーしたバラードである『冬響』です。

 

ご存じのとおり、読み方は「とうきょう」ですね。

 

なんというハイセンスなタイトル!

 

酒井さんの場合、安岡さんとはまた違った方向性の言葉に対するセンスが非常にいいですよね。

 

では内容に。

 

“Oh love 温もりを移してあげよう”
“心と心の触れ合う近さで”
“分け合って この胸の炎”

 

まず「love」というのは、動詞で「愛する」という意味を一般的に知っていると思いますが、この『冬響』のように名詞で使う場合は「愛する人」「愛しい人」という意味になります。

 

つまり、この最初のフレーズは呼びかけですね。

 

そして、この“温もりを移してあげよう”という表現ですが、なんというか、とても斬新で、今までになかった視点だなあといった感じです。

 

このサビの歌詞は、深い意味を考察するというよりは、内容そのものは難解な比喩などもなくてとてもわかりやすいので、着眼点と表現のうまさに単純に感嘆してしまいますね。

 

さて、Aメロへ。

 

“あなただけのために 此処にいる”
“信じて欲しい 全てを”

 

これは、本当に私だけの勝手な読みなんですが、この『冬響』は、山田さんの作詞部分と酒井さんの作詞部分で微妙に主人公の性格が違うような気がします。

 

まず、このAメロでは主人公はヒロインに対して自信に満ち溢れていますよね。

 

おそらくここは山田さんの作詞なのではないかと勝手に推測しています。

 

“今夜始まる 愛のため”
“きっとふたりは”
“この運命 引き寄せて 巡り逢えた”

 

このあたりも運命論的な感じでとてもロマンを感じる歌詞ですよね。

 

普通に表現が綺麗なので特に裏の意味を解釈しようがないという(笑)

 

そしてサビへ。

 

“Oh love その手を僕に伸ばして”
“心 冷えきったままなら”

 

ここで、なるほどと思うわけですね。

 

最初のサビの“温もりを移してあげよう”というのは、手を繋ぐことでできるわけです(笑)

 

いや、決してふざけているわけではなくて、私は常々、言葉というのは「表現という服を着た論理」であると思っています。

 

こういった、一般的に表現が重要視される歌詞というジャンルの中でも、論理がきちんとあってこそ評価に値すると考えているので、ついついそういったある意味理屈っぽいともとれるような見方をしてしまいます。

 

という雑談はさておき(笑)

 

サビの後半部分は最初と同じですね。

 

2番はリードヴォーカルが酒井さんに変わると同時に、作詞も酒井さんがしているのではないかと考えています。

 

“白い息を吐いて 駆け寄った”
“あなたは少女のようで”

 

この歌詞、明らかに1番の主人公と性格が違いますよね(笑)

 

というか、ヒロインのタイプすら違います。1番では、いわゆる「キレイ系」の女性をイメージしていたんですが、今度は完全に「可愛い系」ですよね。

 

“思わずそっと抱きしめ 驚かせたね”

 

そして、1番のようにロマンチックに運命を語るようなタイプではなく、衝動的に好意を表現するようなタイプの主人公です。

 

“その瞳に映りたい こんな気持ち”

 

ここでも、自分から引っ張っていくというよりは、相手の意思を尊重する感じを前面に出していますね。

 

そしてサビへ。

 

“Oh love その手を僕に伸ばして”
“二度と 凍えさせないから”

 

ここの歌詞は表現こそ違いますが、言いたいことはほとんど一番のサビと同じですね。

 

“Oh love 温もりを移してあげよう”
“ひとつになるのさ 奏でる響きで”
“分け合って 愛しさの光”

 

ここの“響き”は教会の鐘のようなイメージですかね。

 

“光”というのは、最後に出てくる“街の灯”とも通じるでしょうし、未来に対する希望を象徴する表現としてもとらえられると思います。

 

そして、少し間奏を挟んでCメロへ。

 

“冬の星座輝いて 僕たちを照らすだろう”

 

天文学にはあまり詳しくないんですけど、“冬の星座”と聴いて最初に思い浮かぶのはオリオン座ですかね。

 

“時を 越えて”

 

もはやこれはラブソングにおける常套句といった感もありますね。

 

単純に「ずっと」という意味だと思います。

 

そして、最後のサビへ。

 

“Oh love 幸せにしよう あなたを”
“それが 出来るのは 僕だけ”

 

なんという自信満々すぎる歌詞!!!(笑)

 

『愛は探し出すのさ』における“おいで 君には 僕が必要なんだ”に通じるものを感じます。

 

どう考えても2番の主人公と同一人物とは思えませんね(笑)

 

しかし、ある種この傲慢にも思える歌詞ですが、ゴスペラーズが歌うことで不思議と説得力が出てくるんですよね。

 

こういう部分は本当に、言葉では説明できない彼らの大きな魅力だと思います。

 

サビの後半は最初と同じ歌詞なので問題ないですね。

 

そんなわけで、『冬響』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“ほら ごらん 街の灯が綺麗”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽