賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Sweet』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Sweet』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Sweet』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:黒沢薫
作曲:黒沢薫、妹尾武

曲の構成は、

Aメロ Aメロ サビ
Aメロ Aメロ サビ
Cメロ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “このまま 互いを求めあう”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ9枚目のアルバム『Dressed up to the Nines』に収録されている『Sweet』です。

 

この『Sweet』はまさにタイトル通りのスイート過ぎる内容ですよね。

 

まあ、あえてオブラートに包まないで言うと、エロい曲です(笑)

 

では早速いきましょう。

 

まずはAメロから。

 

“濡れた瞳で 見つめる女性は”

 

ここでの“女性”は「ひと」と読みますね。

 

“その指先が 僕に囁く”

 

すごいですよねこの表現。ベッドの上ではどんな言葉よりも指先の方が饒舌であると。

 

“灯を消して 口づけ交わす”
“身体揺らして 永遠の夜に”

 

……うん。

 

18禁ですよねこれ!!!(笑)

 

なんというか、もう単純にエロい歌詞であることは明確なんですが、そのエロさのなかにいやらしい感じが一切ないといいますか。

 

あくまで上品な大人の夜としての演出であるというところが非常に素晴らしいですよね。

 

元来彼らの持っている品格のようなものが滲み出ています。

 

そしてサビへ。

 

“このまま 互いを求めあう”

 

うん。

 

“このまま 一つに溶けてゆく”

 

……うん。

 

“このまま 夜が明けるまで”

 

…………うん。

 

さて、2番へ。

 

って、さすがにそれは冗談としても、なんというか、あまりにもシンプルすぎて解釈も考察もする余地がないという(笑)

 

とにかく、あのメロディにこの歌詞がある、それがすべてだと思います。

 

では2番へ。

 

“切なく誘う 今宵の僕は”

 

今度は主体が男性の方にシフトしていますね。

 

“その唇が 恋慕いを探る”

 

ここの“恋慕い”は「おもい」と読みます。

 

ここでの“唇”はキスの意味でもあり、囁く言葉の比喩ともとれるダブルミーニングですね。

 

非常に絶妙に大人な歌詞ですよね。

 

“月の光が 照らす窓辺で”
“きつく抱き合い 永遠の夜に”

 

このあたりはまた、とても綺麗な表現ですよね。

 

まあこれは、この『Sweet』に限った話ではないんですが、黒沢さんの作詞は情景描写が丁寧で非常にわかりやすいという特徴があると思います。

 

『One more day』の最初などが特にわかりやすいですが。

 

まあそれはさておき、内容に戻りましょう。

 

サビの歌詞は1番と同じなのでいいですね。

 

さて、問題はCメロです(笑)

 

“背中に回した手の温もりを もう離さない”

 

熱いッ! 非常に熱のこもった歌詞ですよね。

 

“あなたの汗の匂いと溜め息 いつまでも”

 

こ、れ、は、なんというギリギリな表現……!

 

“僕の全部で 感じよう 身体焦がす程”
“シルクの海の底 堕ちてく 堕ちてく”

 

もはや、こういった歌詞を冷静に分析するという行為そのものに対して、そこはかとなく背徳感のようなものを覚えたりもしますが(笑)

 

しかし、あくまで一貫して上品な言葉選びをしていて非常に素晴らしいですね。

 

そして最後のサビへ。

 

“このまま 心で求めあう”
“このまま ふたりで堕ちてゆく”
“このまま 夜が明けるまで”
“朝日が二人 別つまで”

 

最後の最後まで容赦なく、まさにタイトル通り『Sweet』な熱いラブソングでしたね。

 

この『Sweet』はなんというか、ライブだと特に、歌詞表記の部分が終わってからが本番だといった感もありますが、ひとまずはこのあたりで。

 

そんなわけで、『Sweet』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“朝日が二人 別つまで”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽