賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『MIDNITE SUN』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『MIDNITE SUN』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『MIDNITE SUN』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:村上てつや
作曲:村上てつや、酒井雄二、妹尾武

曲の構成は、

サビ
Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ サビ
Cメロ Cメロ’ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “I JUST WANT TO BE YOUR MAN”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ6枚目のアルバム『Soul Serenade』の10曲目に登場する『MIDNITE SUN』です。

 

この『MIDNITE SUN』は、村上さんお得意の裏声系ソウル(桐峰が勝手に命名w)と酒井さんお得意の遊び心満載のサウンドというふたつの特徴がありますね。

 

歌詞表記における(かっこ)の中は主にボコーダーという楽器(?)というかツールが用いられています。

 

これは、人間の声を機械音として処理するという、いわば初音ミクの逆ですね(笑)

 

そんな特徴的なこの楽曲。

 

歌詞の内容としては、まさに村上さんっぽいといった感じの切ない大人なラブソングですね。

 

さて、始めましょう。

 

“I JUST WANT TO BE YOUR MAN”
“I CAN MAKE YOU FEEL ALRIGHT”
“(I JUST WANT TO SPEND MY LIFE WITH YOU)”
“いま そう思った”

 

まずサビから始まります。

 

まあ最初がいきなり英語なので軽く訳すと、

「僕はただあなたの男になりたい」
「ぼくはあなたを安心させられる」
「(僕はただ人生をあなたと共に過ごしたい)」

といった感じでしょうか。

 

なんというか、英語にしてしまえば結構恥ずかしいことも言えてしまいますよねというか、日本語でたぶんこのような表現はあまり歌詞で見かけないですよね。

 

さて、Aメロへ。

 

“高速降りる前の渋滞 テールランプの銀河”

 

いい感じにシチュエーションがわかりやすい歌詞ですよね。

 

そもそもタイトルでもある『MIDNITE SUN』は直訳すれば「真夜中の太陽」という意味で、まあもしくは「白夜」という意味もあるんですが、この歌詞の舞台は北極圏ではないと思うので、おそらく、二人の熱い想いを太陽に喩えているということだと思います。

 

なかでも“テールランプの銀河”という表現は非常にうまいですよね。

 

歌詞の世界観づくりにとてもよく貢献している表現だと思います。

 

“いつもより輝く街へ (MIDNITE SUN)”
“今夜 (MIDNITE RUN) 二人溶けてゆこう”

 

“いつもより輝く街”というのはつまり、渋滞でテールランプがたくさん光っているという意味だけではなくて、二人でいることでいつもよりテンションが上がっていることを“輝く”と表現しているんだと思います。

 

そしてBメロへ。

 

“乱されて 愛もない 恋もない それだけそれだけ”

 

ここがまた非常に議論の分かれる歌詞ですよね(笑)

 

愛もなくて恋もなかったら、あと何があるというのか……!

 

不健全な関係しか思い浮かびませんッ!!!

 

お父さん許しませんよ!!!

 

……と、そんな悪ふざけはさておき、このあたりは、ある意味、村上さんの作風だと私は思っていて、わざと、解釈の分かれる歌詞をあえて書くというのを、この『MIDNITE SUN』以外にも意外と多くの楽曲でしているように思います。

 

まあ、今すぐには具体例が思いつかないんですけど(笑)

 

そしてサビへ。

 

英語の部分は最初と同じですね。

 

最後が“いま そう思った”から“ずっと そう思ってた”に変わっています。

 

これは結構意味が変わってくる気がするんですけどいいんでしょうか(笑)

 

まあ、強い想いというのは、何故かずっと前からそう思っていたように感じてしまうものだというのは非常によくわかります。

 

さて、2番へ。

 

“憂鬱や孤独 (WHEN YOU’RE FEELIN’ DOWN)”
“集めて 二つにわけよう (終わらない日常も)”

 

二人でいれば辛いことや悲しいことは半分、嬉しいことや楽しいことは二倍になる。

 

まあ、よく耳にするありふれた感性だと思うんですけど、まさにこれはそういうことですよね。

 

ちなみに、英語の部分は簡単に訳すと、「あなたのテンションが下がった時には」といった感じになりますね。

 

“誰より あなたのこと”
“(BABY CAN’T YOU SEE I JUST WANT TO BE WITH YOU TONIGHT)”

 

「見てごらん 今夜ただあなたと一緒にいたい」といった感じでしょうか。

 

“知っているんだ”

 

ここの“知っているんだ”はひとつ前の“誰より あなたのこと”から繋がっているわけですね。

 

間に英語のフレーズが入ってしまうのでちょっと「あれ?」って感じですが(笑)

 

そして、一番と同じフレーズからサビへ。

 

二回繰り返される英語のフレーズの間に“願いは”“まだ”“想いは”“いま”がそれぞれ入りますね。

 

まあ、ここは特に解釈も考察も必要ないかと。

 

そしてCメロへ。

 

“カーラジオから懐かしいあのメロディ”
“二人で探した 古いレコード”
“(ROGER, SING THAT SONG)”

 

時代を感じますね。

 

もしかしたら、もうそろそろ今どきの若い人はMD(ミニディスク)すら知らない世代になってしまうのではないでしょうか(笑)

 

英語の部分は「ロジャー、あの歌うたって」といった感じですかね。

 

ちなみにこのあたりに関しては読者の方から非常に興味深いコメントをいただいたので、以下に転載します。

 

MIDNITE SUN、隠れた名曲でこれを一番好きな曲に挙げる方も沢山いますよね。
私も大好きな曲です。

当時亡くなった偉大なソウルミュージシャンRoger Troutmanの「I WANNA BE YOUR MAN」からインスパイアされて生み出されたこの曲、歌詞はもちろん、所々に長身組のこだわり・ロジャーへのリスペクトが埋め込まれていて、10年以上聴いても未だに飽きることなく心を揺さぶってくれます。

タイトルは、真夜中の太陽…真夜中に輝く…不倫相手という意味合いも含まれるそうです。
不健全な関係、という推測はあながち間違いでない、という(笑)
そんな含みを持たせる辺り、様々な解釈をさせる狙いがありますね。
Soul Childrenの「Midnight Sunshine」からタイトルをつけたそうです。

Roger, sing that songはまさに二人で探したレコードはロジャーの「I WANNA BE YOUR MAN」であることを指しています。

I WANNA BE YOUR MANもトークボックスを駆使した有名な曲で、とても大好きな曲です。

Soul Song Jukeといい、村上さんが作る、愛するソウルミュージシャンへのリスペクトソングはとんでもなく素晴らしいですね。
ゴスペラーズの音楽魂を感じます。

 

さて、そして、この『MIDNITE SUN』の歌詞のなかで最もハイライトとなるラストのフレーズへ。

 

“もう わかってるよね”
“あなたと 出逢った日から”
“友達だなんて 思ってないよ”
“ずっと ずっと ずっと 好きだったよ”

 

ここは、もう、何も言う必要ありませんね。

 

完敗です(笑)

 

勝者、村上てつや!

 

そして、この後はサビを繰り返しながらフェードアウトしていきます。

 

そんなわけで、『MIDNITE SUN』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“ずっと ずっと ずっと 好きだったよ”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽