賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Two-way Street』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Two-way Street』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Two-way Street』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:からむし天気
作曲:ゴスペラーズ

曲の構成は、

Aメロ Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ(半)
サビ×2

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “流されながら 漂いながら いつしか”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ4枚目のシングル『Two-way Street』です。

 

この曲は本当に胸に突き刺さりますね。

 

言い方は悪いですが、夢を諦めてしまったかつての仲間に対しての切実な想いを歌った曲だと思います。

 

まだ若い人は、この曲を聴くと、社会の中でその他大勢として埋もれていくような生き方は絶対にしたくない、と思えるような強いメッセージ性を感じるのではないかなと思ったりします。

 

そんな私も非常に好きな楽曲の一つです。

 

さて、内容に。

 

“行き交う 人波の中”
“目が合った ぎこちないスーツ姿”

 

もうこのフレーズと『Two-way Street』というタイトルだけで、この曲で伝えたいメッセージはほとんどわかりますよね。

 

と、思いきや……、まず、タイトルでもあるこの『Two-way Street』という言葉は、訳すと「対面式道路」になります。

 

最初、辞書できちんと調べる前は、「T字路」かと勝手に思っていたんですが、単純にどちらの方向にも進める一本道だったんですね。

 

ちょっとイメージが違ってしまう気がします。

 

ちなみに、T字路の場合は「three-way street」になりますね。

 

では、改めてタイトルの意味を考えてみると、「一度背を向けて離れたらたらもう交わることはない」みたいなニュアンスを出したいのかなと。

 

そう考えると多少納得しやすくなるかもしれません。

 

最初のAメロの歌詞は、ちょうど社会人一年目の4月か5月くらいのイメージでしょうか。

 

“何気なく 話したけれど”
“胸の中 本当は 戸惑ったよ”

 

このあたりからもう胸が痛いですよね。

 

生き方や価値観がずれてくると、かつての仲間がもう仲間ではなくなっていく感覚。

 

私にも身に覚えがあったりします。

 

Bメロへ。

 

“ふざけあった あの頃の彼女はもう”
“遠い人みたいに思えて”

 

まさにそうですよね。

 

かたや、自由でクリエイティブな活動
かたや、社会の決まった枠組みの中

 

まさに、どちらにとっても“遠い人”だと思います。

 

そしてサビへ。

 

“流されながら 漂いながら いつしか”
“心のどこか 切り捨てる道えらべずに”

 

社会的な常識であったり、周囲の人間の意見であったり、そういったあらゆる意味での環境に“流されながら 漂いながら いつしか”という非常にリアルな感覚です。

 

そして、どのような分野においても、ある程度高みを目指そうと思ったら、相応の犠牲を払わなければならないということですね。

 

それは、金銭的リスクかもしれない、時間的な拘束かもしれない、精神的な負担かもしれない。他にもいくつもあると思いますが、そういった「犠牲」を払ってまで進む道のことを、“心のどこか 切り捨てる道”と表現しているのだと思います。

 

それを選べなかったかつての仲間との対比が痛いほどに切ない歌詞だと思います。

 

“たどり着いたね それぞれ違う明日に”
“過ぎた昨日に 残した痛み抱きしめて”

 

そして、当然ながら進む先が違うことでたどり着く先も違うわけですね。

 

この“痛み”は、同じ道を選べなかったという別れの痛みなのだと思います。

 

さて、2番へ。

 

“季節は この目の前を”
“わけもなく 駆け足で通り過ぎるけど”

 

ここは割とシンプルですよね。

 

つまり、時間が経つのって早いよねえ、ということです(笑)

 

“君はもう そう 君のペースで”
“歩けばいい 僕にかまわずに”

 

ここは切ないながらも、もう同じ生き方はできないと悟っているからこその決別の意思表示ですよね。

 

同時に、これ以上無理な夢を見続けさせることはできない、という申し訳なさもそこはかとなく感じられます。

 

そしてサビへ。

 

“約束もない 道筋もないけれども”
“明日へ向かう 想いを今は感じてる”

 

ここは一転して、前向きなゴスペラーズとしての未来に向けた決意表明のような内容です。

 

売れる保証なんてなくても頑張れる。

 

それは、ただ歌うことが、ハモることが、ゴスペラーズとしてやっていくことが好きだから。

 

そんな強い意志を感じる歌詞だと思います。

 

そして、間奏の後、最後のサビへ。

 

“未来(こたえ)はいつも 人の数だけあるから”
“勇気を出して 駆け出せばいい 振り向かず”

 

これもまさに、2番サビの決意表明から続いている内容ですよね。

 

“変わり続ける 都会(まち)の景色のどこかに”
“自分の生きる 場所があることを信じて”

 

そしてここも。

 

逆にこれだけ何度も繰り返していることで、自分たちに対して言い聞かせている内容だという解釈もできるかもしれません。

 

そんな、期待と不安が入り混じった、この『Two-way Street』ですが、最後にもう一度、1番のサビが繰り返されます。

 

やはり、かつての仲間のことも、まさに“心のどこか”で考え続けている

 

といった絶妙な余韻を残して終わっていきます。

 

全編を通して、非常にメッセージ性の強い、生き方を考えさせられる楽曲だと思います。

 

そんなわけで、『Two-way Street』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“過ぎた昨日に 残した痛み抱きしめて”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽