賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『渇き』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『渇き』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『渇き』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:黒沢薫
作曲:黒沢薫

曲の構成は、

Aメロ Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “君が二度と 戻りはしないと”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ4枚目のアルバム『Vol.4』に収録されている『渇き』です。

 

『Dressed up to the Nines』の収録曲である『アンジュナ』と並ぶ二大正統派失恋ソングですね。

 

まあ、こちらは『アンジュナ』と違って、ラストでは前向きになれているというのが大きな特徴ですね。

 

では内容に。

 

“膝をかかえて 夜明け待っている”

 

まさに教科書のような失恋のポーズです(笑)

 

いや、本来笑っちゃいけないんですけど、あまりにも表現がシンプル過ぎてですね。

 

“砂混じりの景色 ぼんやりと見てた”

 

この歌詞の舞台はおそらく海辺の街なんですね。

 

だからこそ、聴き手に水気がイメージされて、失恋による心の欠乏をタイトルでもある『渇き』と表現しているのだと思います。

 

“朝のひかりが 僕の体を”
“強く 苦しい程 やわらかく照らす”

 

テンションが下がっているときの太陽の光というのは、本当に拷問ではないかといったレベルの辛さがありますよね。

 

非常によくわかります。

 

さて、Bメロへ。

 

“決して帰らない あの温かな日々”
“声のかぎり 叫んでも 潮風にちぎれて”

 

やはり舞台は海辺の街ですね。

 

基本的に黒沢さんの作詞は表現がシンプルなので、このあたりもとくに裏の意味みたいなものはあまりないですね。

 

聴いたままだと思います。

 

そしてサビへ。

 

“君が二度と 戻りはしないと”
“知った僕は 消えてしまうことさえ できずに”

 

ここも、あまり解釈の余地はなく、ただただ胸が痛いです。

 

どんなに目を背けても、現実はそこにあるという、何人たりとも逃れられない真理ですよね。

 

では2番へ。

 

“最後に君が 残したものは”
“孤独という名の 癒せぬ渇き”

 

やはり、この心の欠乏を“渇き”と表現していますね。

 

そして、この『渇き』は珍しく、Bメロの歌詞が1番と2番で同じなんですよね。

 

というわけでサビへ。

 

“君に二度と 逢うことはないと”
“その真実に 頷くことさえも できずに”

 

まあ、表現こそ違いますけど、1番のサビと伝えたいこと自体は同じですね。

 

嬉しくない現実から目を背けたい、そして、それは叶わないのだということですよね。

 

しかし、次のCメロからが、この『渇き』の特徴的なところです。

 

“やがて立ち上がる 扉を開いて 今”

 

ここで、主人公は見事に気持ちを切り替えます。

 

“呼び戻す波の音に 背を向けて”

 

この楽曲のタイトルはもちろん『渇き』ですから、この“波の音”というのは水気のことであり、つまり二人が一緒にいる状態の比喩だととらえられます。

 

そこに、背を向けるわけですから、かつての想いを断ち切る覚悟ができたということでしょう。

 

非常にうまい表現だと思います。

 

そして、最後のサビへ。

 

“胸の内に 残した痛みを”
“ためらうことなく この海に投げ捨てて”

 

とても潔いですよね。

 

この『渇き』の主人公は、失恋に対して人並みにショックは受けるけれど、それを未練がましく引きずるタイプではないということですね。

 

もしこれが、村上さんの作詞だったらこうはいかない気がします(笑)

 

まあ、それはさておきラストです。

 

“僕が全て 失くしたのならば”
“顔を上げて このまま風に吹かれて 歩こう”

 

もはや完全に、いい意味で開き直っていますよね。

 

確かに、これ以上失うものがないというレベルまで来ると、意外と人は開き直れるのかもしれません。

 

そんな、前半切なくラストが前向き系失恋ソングでした。

 

そんなわけで、『渇き』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“このまま 風に吹かれて 歩こう”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽