賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『熱帯夜』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『熱帯夜』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『熱帯夜』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:黒沢薫、北山陽一、妹尾武

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ サビ
サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “身体から抜け出して 激しく口づけたい”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ12枚目のシングルである『熱帯夜』です。

 

世間一般では大人なラブソングやバラードばかり歌っているイメージが何かと強いゴスペラーズですが、この『熱帯夜』はまさにそういった常識を思いっきり覆した楽曲だと思います。

 

私も、ゴスマニ初心者だった頃、『G10』に収録されている『熱帯夜』を聴いて、最初の黒沢さんのロングトーンで衝撃を受けた記憶があります。

 

楽曲の一番最初に出す音が高いB♭とかありえねえだろ!?

 

と当時の私は大変なカルチャーショック(?)を受けました(笑)

 

そんな『熱帯夜』、PVも含めて、まさにタイトル通りといったイメージの楽曲です。

 

では内容に。

 

“あなたの指に 淫らに触れる”
“浮かべてみたい 沈めてみたい”

 

初っ端から怪しげな雰囲気が漂いまくっています(笑)

 

“浮かべてみたい 沈めてみたい”というのは相手のテンションを思いのままに支配したいという意味だと思います。

 

なんという肉食系男子……!

 

“赤いキャンドル 黒い溜め息”
“白い素肌に 火をつけたい”

 

まあ! 赤いロウソクですってよ奥さん!

 

それはともかく(笑)

 

赤は情熱の色だというのは誰もが持っている共通認識だと思うので大丈夫ですね。

 

“黒い溜め息”というのは、決して綺麗で純粋な気持ちではなく、もっとダークなむき出しの欲望のようなものを表しているのだと思います。

 

そして、次の“白い素肌に”の部分との色の対比にもなっていますね。

 

さらに、“火をつけたい”は相手の気持ちを盛り上がらせたいという比喩的な意味と、“赤いキャンドル”から繋がっている「火」という連想とのダブルミーニングにもなっています。

 

このたった四つの短いフレーズの中でどれだけ技を見せてくれるのか!

 

もはや私が言うまでもないですが、やっぱりさすが安岡さんですね。

 

そしてサビへ。

 

“身体から抜け出して 激しく口づけたい”
“イメージ 途切れ 途切れ”

 

この表現すごいですよね。

 

もはや身体だけでなく、魂がキスを渇望しているという。

 

そして、視界が不鮮明になるほどの興奮であると。

 

(書いていて激しく恥ずかしいですがw)

 

“熱帯夜 縛られて 朝まで離れない”
“このまま楽にさせて そんなに見つめないで”

 

……お、おう。

 

なんというか、この歌詩を真面目に考察すること自体が読者さんに対する盛大なセクハラのような気がしないでもないですが(笑)

 

“このまま楽にさせて そんなに見つめないで”というのは、つまり、ずっと見つめられていたらテンションが上がりっぱなしになってしまうから、もう休ませてくれ、ということだと思います。

 

改めて、すごい歌詩だなと思いつつ。

 

では2番へ。

 

“煙の先が 淫らに揺れる”
“嬉しくもない 痛みもしない”

 

ここは、私の中でかなり考察のしがいがある部分です。

 

まず“煙の先が 淫らに揺れる”というのは、1番の“赤いキャンドル”の煙のことですね。

 

特に裏の意味などはあまりなく、雰囲気作りのためのフレーズだと思います。

 

そして、“嬉しくもない 痛みもしない”というのは、簡単に一喜一憂したりしない余裕のある自分というのを印象付けようとしている表現だと思います。

 

だからこそBメロが大きな意味を持ちます。

 

“黄色い声が 青いピアスに”
“見破られたら 本気でつらい”

 

まず、“黄色い声”というのは、いわゆる「嬌声」のことだと思います。

 

「嬌声」というのは女性の(以下略)な声のことなんですけど、ここでは男の方からもれてしまうそういう声のことだと解釈します。

 

そして、“青いピアス”というのは「耳」の比喩ですね。

 

つまり、“青いピアスに 見破られたら 本気でつらい”というのは、相手の女性にそういう悦んでいる声を聞かれてしまうのはマジでつらいということだとわかります。

 

“嬉しくもない 痛みもしない”と思っていたからこそ、より一層“本気でつらい”が際立ちますね。

 

そしてサビへ。

 

“身体から抜け出して 今すぐ抱きしめたい”
“感情を 取り乱して”

 

ここはもう歌詩の通りですね。特に解釈する余地もないと思います。

 

“熱帯夜 奪われた 意識が戻らない”
“どれだけ歩けばいい こんなに近づいても”

 

1番ではまだかろうじて“イメージ 途切れ 途切れ”のレベルで済んでいましたが、ここではもはや“意識が戻らない”レベルになってしまっています(笑)

 

いや、笑いごとじゃないんですけど。

 

なんというか、この歌詩の「破壊力」たるや凄まじいですよね。

 

後半部分はちょっと意味の繋がりから考えてもあまりよくわかりません(笑)

 

読者の方で何かいい解釈のアイデアがありましたら是非教えてください。(ひどい丸投げw)

 

そして、このあとは一番のサビがもう一度きますね。

 

最後が“Hey, Hey, Hey, Hey, Hey……”になっていますが、まあ、意味のある言葉じゃないのでいいでしょう。

 

そして、間奏の後で最後のサビへ。

 

1回目は一番のサビと同じなので大丈夫ですね。

 

そして2回目のサビ。

 

“月明かり照らし出す 心を隠したい”
“グラスの氷越しに”

 

ここはまず、語順がわかりにくいので少し直します。

 

つまり、“月明かり”が“照らし出す”自分の“心を”“グラスの氷越しに”“隠したい”

 

という意味ですね。

 

やはり、この主人公は、自分の気持ちを相手に悟られたくなくて、相手の気持ちは支配したいタイプのようですね。

 

ワルイオトコヤデエ……!(笑)

 

そしてラスト。

 

“熱帯夜 燃え上がる 炎の中 眠れない”
“夢から覚める前に Hey, Hey, Hey, Hey, Hey……”

 

ラストはこの異常な状況を“夢”と表現して、現実に戻りたくないという想いを吐き出して、激しさを保ったまま終わります。

 

全編を通して、非常に熱苦しい(褒め言葉)エネルギーに満ちた、まさにタイトル通りの楽曲だと思います。

 

そんなわけで、『熱帯夜』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“夢から覚める前に”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽