賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Love Vertigo』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Love Vertigo』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Love Vertigo』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:酒井雄二
作曲:酒井雄二、平田祥一郎

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ’

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “何もかもを与えてはいけない”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ11枚目のアルバム『Hurray!』から、『Love Vertigo』です。

 

次の『ハモリズム』で『見つめられない』が出てくるまで、酒井さんの曲としてもっとも注目されていた楽曲ではないでしょうか。

 

酒井さんの曲は、多くは遊び心満載のとがった曲が思い浮かぶと思うんですが、このように、非常に精神年齢の高いドキッとさせられるようなラブソングを書いても一級品ですよね。

 

そんなわけで内容に。

 

“倒れてゆくように恋をした”

 

まず、この表現。

 

タダ者じゃないですよね。

 

精神的な揺らぎと、物理的な意味での脱力感が入り混じった非常に絶妙な言葉選びだと思います。

 

なにしろ、聴いた瞬間の「印象に残り度」たるや、『ひとり』のオープニングにすら匹敵するレベルだと思います。

 

正直、この『Love Vertigo』に関しては、このフレーズでもう勝ちだと思います(笑)

 

タイトルを和訳すると、歌詞にも出てきますが、「愛のめまい」という意味ですね。

 

まさに、“倒れてゆくように”ですよね。

 

では次です。

 

“ただ強く引きつけあい”
“互いの支えを求めて”
“伸ばす手と手がすれ違って”

 

ここがまた、非常にうまいと思うのは、最初の“倒れてゆくように恋をした”から内容がきちんと繋がっているんですよね。

 

本来、主人公とヒロインはふたりとも、ひとりではあまり強くいられないタイプなのでしょう。

 

だからこそ、少し言葉は悪いですが、この歌詞では相互依存のような関係が始まるわけですね

 

しかし、後半が非常にせつない。

 

依存したいのにすれ違ってしまうという現実。

 

そこからサビへ。

 

“何もかもを与えてはいけない”
“何もかもを奪ってはいけない”

 

なるほど、弱いままですべてを与えてしまったら、それこそ完全な依存になってしまう。反対に、なにもなくなってしまえば、本当に自立して生きていけなくなってしまう。

 

なんという精神年齢の高い表現……!

 

“また心が傾いてゆく理由を”
“探しながら揺れているだけ”

 

そして、“また”とありますね。

 

少なくとも、初めての感覚ではないということですよね。

 

この主人公は、まだ迷いながら依存しつつあるという、ある意味、一番精神的に不安定な状況なのではないでしょうか(笑)

 

そんな流れのまま2番へ。

 

“これ以上引き寄せられたら”
“同じ痛みが始まる”

 

1番とは少し違って、少し冷静になっています。

 

しかし、“同じ痛み”ということは、やはり過去にも何かあったということに。

 

“ためらう 胸をよぎる声も”
“愛のめまいを止められない”

 

理性ではやめておけと思っていても感情はそうはいかないことってありますよね。

 

『CLASH』における“何故って理性じゃ語れやしないね”に通じるものを感じます。

 

そしてサビへ。

 

基本的には1番のサビと同じ歌詞ですが、

“また心が傾いてゆく理由を”

の部分が、

“いま心が傾いている理由を”

という、いわゆる現在形のような表現に変わっています。

 

より感情がリアルになってきていますよね。

 

そして、Cメロへ。

 

“受け止めあえなくても”
“支えあえなくても”
“二人は確かに触れた”
“求め続けた 光に”

 

せつなすぎますよね。

 

依存するわけにはいかない。けれどそういう相手に巡り会ってしまった。

 

理性とは裏腹に、感情が動いてしまうわけですね。

 

そして、最後のサビへ。

 

前半部分は全部同じで、その後が変わります。

 

“この心が傾いてゆく先は”
“見えないまま繰り返してる”
“愛のめまいを止められない”
“いつしかまためまいの中に”

 

結局、主人公は自分の理性のなかでは答えを出せないまま、まさに“倒れてゆくように恋をし”続けるわけです。

 

意外と、こうしてみると結構、いや、だいぶ残酷な世界観なんですよね。

 

酒井さんの平常運転(笑)のイメージからはとても想像がつかない、胸がヒリヒリするようなラブソングでした。

 

そんなわけで、『Love Vertigo』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“いつしかまためまいの中に”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽