賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Atlas』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Atlas』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Atlas』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:山田ひろし
作曲:酒井雄二、田辺恵二

曲の構成は、

Aメロ Aメロ サビ
Aメロ サビ サビ
Cメロ サビ サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “なんでもないさ 僕は此処さ”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズの2ndアルバム『二枚目』の収録曲である『Atlas』です。

 

ベストアルバム『G10』にも収録されていますね。

 

しかも、面白い偶然なんですが、『二枚目』でも『G10』でも、『侍ゴスペラーズ』の次で3曲目に収録されているんですよね。

 

当然狙ったわけではないでしょうけど、単純にすごいと思いましたね(笑)

 

さて、それでは内容に。

 

“プラタナスの 並木道で”
“ひとり振り向く 時がある”

 

プラタナスというのは植物の名前で、東京の新宿御苑にはまさに“プラタナスの並木道”がありますね。

 

内容的には、

“僕の場所を 探し続けてる”
“毎日の中で”

の部分と繋がって、 自分の居場所というか、進むべき方向性のようなものに迷ったりして、ふと過去を振り返ってみたりするという、誰しもが経験する感覚ですよね。

 

“言葉だけが 胸の底に”
“降り積もっては 消えてゆく”

 

頭では考えていてもなかなか言葉にはできない思いみたいなものは誰にでもありますよね。

 

そんな思いが、口に出せないまま心の中だけで不完全に消化されてしまうといった感じでしょうか。

 

“傷つけたり 傷つけられたり”
“繰り返しながら”

 

社会的な存在として生きる以上、人間関係というのは絶対についてきます。

 

そのなかで、当然、すべてが簡単に思い通りにはならないわけですよね。

 

ちなみに、この『Atlas』というタイトルは、日本語にすると「地図」という意味です。

 

同じ地図でも「map」は「一枚の地図」を表すのに対して、この『Atlas』は一般的には「地図帳」といったニュアンスが強いです。

 

まあ、つまり、迷った時の総合的な指針となるもの、といった意味が込められているのでしょう。

 

まさに歌詞の世界観通り、迷ったり悩んだりしている人への道標としての意味だと思います。

 

さて、サビへ。

 

“なんでもないさ 僕は此処さ”
“A dream goes on a way, Forever Forever”
“憂鬱な夜は 地図が欲しい”
“A dream goes on a way, Together Together”

 

このサビは、なんというか、前半と後半で言っていることが真逆なんですよね(笑)

 

まず、前半では、特に居場所や方向性に迷っている感じではないですが、後半では、やっぱり迷っているという(笑)

 

ちなみに“A dream goes on a way”は「夢は前に向かっていく」みたいな意味ですね。

 

では、あまり有益な解釈じゃない気もしますが、とりあえず2番へ。

 

“君は笑う 君は怒る”
“君の世界の出来事で”

 

今度は、自分のことではなく、相手のことに話題がシフトしていますね。

 

これは、ある意味けっこうリアルなことを言っていて、人間というのは基本的に自分本位なんですよね。

 

言い方を換えれば、基本的に他人に対して興味なんて持っている余裕はないとも言えます。

 

ここは、そんな人間の真理のようなものを鋭く表した歌詞だと思います。

 

“変わってゆく 変えられてしまう”
“だけど君がいる”

 

ここも意外と深いですね。

 

まず、この前半は主語がないので、「誰が」“変わってゆく”のか“変えられてしまう”のかがわからないと思うんですが、わからないときはどっちでもいいと思います(笑)

 

いや、ふざけているわけではなく(笑)、どちらにしても「君」か「僕」しか選択肢はないわけで、正直どちらでも問題ないというか、極端な話、「どちらとも」というのが正解だとすら思います。

 

君も僕もお互い変わっていくけれど、大事なのは僕にとっての君がいることなのだということでしょう。

 

さて、2番のサビへ。

 

“感情線で つづく未来”
“A dream goes on a way, Forever Forever”
“クールに踊れ 君の場所で”
“A dream goes on a way, Together Together”

 

感情線というのは、手相の用語ですね。

 

ここは、「感情が未来を形作る」という意味と、「環状線」という道の意味とのダブルミーニングですかね。

 

そして、後半部分は、「周りの雑音に惑わされてはいけない」というメッセージですよね。

 

迷っているときというのは、周囲の様々な意見に耳を貸しすぎてしまう傾向にありますが、そこをあえて、“クールに”いこうというわけです。

 

そして、2回目のサビへ。

 

“本当の君に 出逢うために”
“信じてゆくよ Forever Forever”
“本当のコトが わかる日まで”
“信じてゆこう Together Together”

 

つまり、お互いに、居場所や方向性が定まるときまで信じて頑張ろうということでしょう。

 

微妙に前後の繋がりがわかりにくい歌詞なんですが、そこはまた味のひとつということで(笑)

 

そして、Cメロへ。

 

“新しい クツをはいて 歩き出す”
“誰かがまた 約束を 壊しても”

 

人と人とは、程度はどうあれ少なからず依存し合って生きています。

 

そんな中で、ずっと依存し続けるわけにはいかない。

 

つまり、最終的には自分の力で前に進んでいかなければいけないということですね。

 

この短いフレーズですが、実はかなり鋭いことを言っている歌詞だと思います。

 

そして、間奏の後で最後のサビへ。

 

と言いつつ、最後のサビの1回目と2回目はそれぞれ、1番のサビと2番のサビの1回目と同じ歌詞なので問題はないですね。

 

ではラストへ。

 

“Oh, I wanna be together together”
“A dream goes on a way, forever forever”
“It’s getting better now together together”
“A dream goes on a way, forever forever”

 

「一緒にいたい」
「より良い状況になってきている」

 

というのが大まかな英語の意味ですね。

 

この『Atlas』は全体的に、迷っているからこそなんらかの指針が欲しいというような内容でしたが、最後はちゃんと自分の力で前を向けているわけですね。

 

ハッピーエンドでよかった!(笑)

 

そんなわけで、『Atlas』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“forever forever”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽