賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Vol.』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Vol.』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Vol.』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:田辺恵二

曲の構成は、

サビ
Aメロ Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ サビ
Cメロ Bメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “はやく はやく 世界を奮わせる風”

 

≪解釈&考察≫

さて、『終わらない世界』とともに両A面でリリースされたゴスペラーズ8枚目のシングルである『Vol.』です。

 

非常に疾走感のある爽やかなナンバーですよね。

 

この『Vol.』は、歌詞表記にない部分がしばしばあるのでそのあたりも軽く補いつついきましょう。

 

では内容に。

 

“はやく はやく 世界を奮わせる風”
“走り出す僕達の ボリュームをあげて”

 

ザ・疾走感といった感じの、非常に、前に進んでいくというエネルギーを感じる出だしですよね。

 

まさに追い風です。

 

Aメロへ。

 

“止められないよ 胸の中鳴り響く”
“ざわめきに気が付いた あの日から”

 

この『Vol.』は、デビューから3年間やってきたゴスペラーズのある種の自伝的な内容の楽曲でもあります。

 

音楽で成功を掴み取りたいという強い想いや予感のようなものが“胸の中鳴り響くざわめき”という言葉で表現されています。

 

そして、“気が付いたあの日”というのはかつてStreet Corner Symphony でゴスペラーズとしてやっていくと決めた日なのでしょう。

 

“恐がらないで 計算をする前に”
“眠らない夢だけを 信じたい”

 

人は誰しも、新しいことにチャレンジするときには、悩んだり迷ったりしてしまうわけですよね。

 

その、成し遂げられるのかどうかを必要以上に理屈で考えすぎてしまうことを“計算”と表現しているわけですね。

 

だからこそ、そうではなく、意識しなくても思いが薄れることのない強い願望や決意のことを“眠らない夢”と表現し、それを信じるのだと。

 

非常に良い応援ソングとしても聴くことができます。

 

Bメロへ。

 

“傷つき 痛み覚えて 強くなるから”
“今も涙 力に変えてく”

 

当然ながら、うまくいく事ばかりではなくて、その経験が未来に向かう力になるということですね。

 

そしてサビへ。

 

“はやく はやく 未来へ駆け抜ける風”
“聞かせたいこの声を ボリュームをあげて”

 

ここでは、自分たちゴスペラーズのことを“風”にたとえて、はやく大物になってもっと多くの人に自分たちの音楽を届けたいという想いを歌っているのだと思います。

 

さて、2番へ。

 

“憧れだけじゃ 満足は出来ないね”
“傷付いてもいいから つかみたい”

 

ここの表現、実は私も非常に共感できるんです。

 

どういう事かというと、最初は誰しも、「すげえ!」という純粋なリスペクトから入ると思うんですね。

 

しかし、徐々にハマっていくうちに、単なる「受け手」というポジションでは満足できなくなってくる時が来るんですよね。

 

そうして、自分もコンテンツを世の中に提供する側になりたいと思い始めるわけです。

 

私の場合は、それが「言葉」という部分にフォーカスした考察であったり分析であったりするわけです。

 

彼らの場合はそれが「歌」だったわけですね。

 

そして、後半部分は、そのためには犠牲を払ってでも成し遂げたいという強い決意もあらわれています。

 

Bメロへ。

 

“一人で 温めていた 熱い想いも”
“両手広げ 力が溢れる”

 

最初は一人でも仲間がいてこそもっと頑張れるということですよね。

 

“両手広げ”というのは、私の中では、人と人とを繋ぐというイメージのポーズですね。

 

そして、ここの最後は北山さんがベースのリードヴォーカルで登場します。

 

歌詩と直接は関係ありませんが(笑)

 

そしてサビへ。

 

“はやく はやく 歴史を塗り替える風”
“初めての感覚が 騒ぎ出す”

 

ここは、自分たちゴスペラーズが徐々に音楽的に成長しつつあるというのを実感しているからこそ、それが“初めての感覚”なのでしょう。

 

本当に、サラッと聴いているだけでももちろん心地良いんですが、きちんと解釈するとまた一層深いことを言っているというのはいくつもある安岡さんの作詩のすごいところのひとつですよね。

 

そして、Cメロへ。

 

“走り出す 今すぐに”
“風の中 行く先は”

 

ここは、なんというか、そんなに意味のある歌詞ではなくてリズム的にそれっぽい言葉を合わせた感じが強いと思います。

 

そして、この『Vol.』は珍しく、Cメロのあとにもう一度Bメロがきます。

 

“いつしか 時が流れて 思い出したら”
“なんて 今は 気にしてられない”

 

若いころに夢中になっていた事というのは、数年たってから振り返ってみると、えてしてしょうもなく思えてしまったりするものです。

 

しかしここは、そんな若気の至り上等だという、そういったまさにヤングライオンの気概が非常によく表れていると思います。

 

そして最後のサビへ。

 

“はやく はやく 心の眼を覚ます風”
“輝いた軌跡さえも 追い越して”

 

いわゆる「開眼」というやつですよね。

 

そして後半は、これまでの大物や自分たちの実績よりも遥かに高みを目指すのだという強い意志ですよね。

 

そして、ラストのサビは最初のサビと同じ歌詞が繰り返されます。

 

歌詞表記が終わった後は、村上さんのアドリブフェイクがいくつか続きながらフェードアウトしていきます。

 

爽やかでありながら意外と深く、ゴスペラーズの未来への心構えとして重要なテーマを歌った楽曲でしたね。

 

そんなわけで、『Vol.』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“ボリュームをあげて”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽