賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『Soul Song Juke』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『Soul Song Juke』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『Soul Song Juke』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:村上てつや
作曲:村上てつや

曲の構成は、

Aメロ Aメロ’ サビ Aメロ’
Aメロ Aメロ’ サビ Aメロ’

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “君がくれた あのレコードが”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ13枚目のアルバム『STEP FOR FIVE』から、『Soul Song Juke』です。

 

『STEP FOR FIVE』では、メンバーそれぞれのソロ曲が収録されていますが、この『Soul Song Juke』は村上さんのソロ曲ですね。

 

なんというか、もう、タイトルだけで誰の曲か簡単にわかりそうなくらいイメージ通りな感じですよね(笑)

 

最初に聴いた時の印象は、「どこで盛り上がればいいかわからない……」といった感じだったんですが、まさに聴けば聴くほど味が出てくる楽曲だと思います。

 

では内容に。

 

“ああ 明けてゆく空に 願いをひとつ放とう”
“いつか 君に届くはずさ 夜明けの風に乗って”

 

この楽曲は全編を通して、昔の思い出を懐かしむといった内容で、ここでは、まず、今は遠くに離れている人を想ってメッセージを投げかけています。

 

“ああ 別れは辛く 僕らを苦しめるけど”
“大丈夫 僕には わかるのさ”
“君がどこに 君がどこに いるのか”

 

そして、ここは、字面だけ見ると、「は?」と思うかもしれませんが(笑) つまり、昔二人で聴いた音楽が二人の感性を繋いでいるという意味で、“どこにいるのか”がわかると言っているのだと思います。

 

このあたりは、村上さんの絶妙にロマンチックと女々しさの入り混じった歌詞ですよね。

 

そしてサビへ。

 

“君がくれた あのレコードが ずっとずっと 胸に響く”
“忘れない 電話越し 聴こえてた”
“時をつなぐ sweet soul music”

 

やはり、そういうことですよね。

 

まさに、音楽が二人を繋ぐという。

 

しかも、これは歌詞の演出上、“君”といっていますが、おそらくかつての仲間それぞれに対してのメッセージなのだとも思えます。

 

こういった、思い出を振り返るタイプの楽曲は意外とゴスペラーズには多かったりしますね。

 

そして、この『Soul Song Juke』は曲の構成がかなり珍しく、このあとでまたAメロのようなパートが来ます。

 

というかこっちがサビだという主張も場合によってはあるかもしれません。

 

“ああ 嬉しそうに君が 話してくれた夢が”
“いつまでも 僕には 宝物”
“君のために 僕のために 歌おう”

 

本当に、音楽があったからこそできた関係で、そういった仲間の存在を今でも大切に思っているという村上さんの人柄が滲み出ている気がします。

 

そして、2番へ。

 

“ああ 君となら そうさ 言葉は少しでいい”
“短い季節を 駆け抜けた 僕らの証なのさ”

 

ここは、一見すると意味不明なようでいて、実はかなりかっこいいことを言っています。

 

つまり、なぜ“言葉は少しでいい”のかというと、二人の間に信頼関係がすでにあるからですよね。

 

その信頼関係こそが、“短い季節を駆け抜けた僕らの証”なわけです。

 

なんというか、以心伝心みたいな感じですよね。

 

このあたりの感性はやはり村上さんのイメージ通りですよね。

 

さて、続きへ。

 

“ああ 古びたあの店も とっくに 無くなったけど”
“大丈夫 僕には わかるのさ”
“君がどこに 君がどこに いるのか”

 

このレトロ感がたまりませんよね(笑)

 

イメージとしては、2004年のツアー「号泣」で登場した純喫茶アカペラみたいな感じの店ですかね。

 

それはともかく、サビへ。

 

“君が弾いた あのフレーズが ずっとずっと 耳に残る”
“寂しくは ないのさ またいつの日か”
“奏でたいよ I’ve been loving you”

 

なんという、切なさ……!

 

きっとこの歌詞の二人は本当に仲が良く、最後も円満に別れたのでしょう。

 

そんな情景が思い浮かぶような歌詞だと思います。

 

さあ、ラストへ。

 

“ああ 何気なく 君が 教えてくれた歌が”
“いつまでも 僕には 宝物”
“君のために 僕のために 歌うよ”

 

そして、やはり、ラストは「歌」というものを特別な存在としてとらえる表現をしています。

 

全編を通して、緩やかなメロディに乗って流れてくる、切ない回顧録といった楽曲ですよね。

 

そんなわけで、『Soul Song Juke』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“君のために 僕のために 歌うよ”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 

≪≪≪以下、コメント≫≫≫

Soul Song Juke、村上さんらしいストレートなソウルソングですよね。
2回ライブで生で聴いたのですが、2回とも泣いてしまいました。
大好きな曲です。

この曲は有名な白人ソウルベーシスト、ドナルド・ダック・ダンが昨年亡くなられたために書き下ろされた、追悼の意味を込めたソウルソングです。
そして、かつて共に音楽をやっていた先輩へのリスペクトソングでもあるそうです。
桐峰さんの「かつての仲間へのメッセージ」という推察は正解ですね。お見事!
このあたりは、村上さんのブログに詳しく記載されていますので、是非ご覧になってみてください。

歌詞にある英詩「Sweet Soul Music」や、「I’ve been loving you」は、ダック・ダンがベーシストとして関わった曲だったりして、こういう部分からもダック・ダンへのリスペクトが伺えます。
きっと、先輩とも演奏していたのでしょうね。

私自身、ダック・ダンを愛していた一人なので、この曲に込められた村上さんのダック・ダンへの愛がストレートに伝わって思わず泣けてしまいます。

これからも、大事に歌っていって欲しい一曲です。

 

 - 音楽