賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『真夜中のコーラス』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『真夜中のコーラス』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『真夜中のコーラス』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:村上てつや
作曲:村上てつや

曲の構成は、

イントロ
Aメロ Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “LISTEN TO ME BOY LISTEN TO ME GIRL”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ7枚目のアルバム『FRENZY』から、『真夜中のコーラス』です。

 

この『真夜中のコーラス』というタイトルはもともとラジオ番組の名前でもあり、そのテーマ曲にもなっていたんですよね。

 

そんな、ラジオのMCのような、もしくはリスナーのような、絶妙なテイストの世界観を持った楽曲です。

 

では内容に。

 

“LISTEN TO ME BOY LISTEN TO ME GIRL”
“眠りにつく前にこの歌を”

 

まずはサビのワンフレーズだけを最初に歌いますね。

 

このあたりはまさにラジオのMCのような感じです。

 

“始めようか いっていいか 迷える子羊達よ”
“聴こえてるか 届いてるか こんな真夜中のレディオ”

 

まさにラジオであってそれ以外の何者でもないといった感じで、特に解釈する余地はありませんね(笑)

 

次です。

 

“踊らないか 歌わないか 調子いいのかオーディオ”
“楽しもうか はしゃいじゃうか オン・ダ・レディオGOS”

 

真夜中なのに踊れ歌えとすすめるとはなんというラジオでしょう(笑)

 

歌詞の内容的には、とにかく元気のいいラジオのオープニングといった感じが一貫していますね。

 

“今夜 響きわたる”
“BEATBABY 真夜中のコーラス”

 

確か、“BEATBABY”というのもゴスペラーズに関連するラジオの名前だったと思います。

 

そして、この曲は、全体的なノリを重視しているので歌詞に深い意味があまりないですよね。

 

なので、解釈や考察をするには少しさびしい気もしますが(笑)

 

サビにいきます。

 

“LISTEN TO ME BOY LISTEN TO ME GIRL”
“眠りにつく前に何か願え”
“生まれてくる 未来のため”
“ひとつだけ明日の言葉を”

 

少し拡大解釈するならば、未来に対する希望やビジョンをちゃんと描かないまま今日という日を終わりにするな、ということかもしれません。

 

そう考えるとノリとテンションで成り立っているようなこの『真夜中のコーラス』もかなり格調高い感じがしてきます。

 

というか、ゴスペラーズの楽曲には意外とこういった、「ふざけているようでいて実は鋭い」みたいな感じのものが多かったりしますよね。

 

さて、2番へ。

 

“やってみろよ 言ってみろよ 好きなあの娘に告白”
“判ってるよ 無理もないよ きっと明後日は孤独”

 

もしかしたらご存知ない方もいるかもしれませんが、ポルノグラフィティの『ミュージック・アワー』みたいなテイストになってきましたね。

 

1番とはちょっと方向性が違って、恋愛相談になっています(笑)

 

しかし、前半部分はいいとして、後半はあまりにもひどくないですかね?(笑)

 

自分たちで煽っておいて、結果を勝手に悪いほうに決め付けているという(笑)

 

“辛くないよ 元気出せよ 失恋紛らわすトーク”
“ここに来いよ いつも聴けよ そんなレディオGOS”

 

完全に失恋が前提になっています(笑)

 

とにかく、そんな元気の出るラジオだということですね(うまくまとめたつもりかw)

 

Bメロへ。

 

“今夜 叫んでみる”
“愛は 真夜中のコーラス”

 

ここは1番と同じく、そこまでのAメロに基づいた内容になっていますね。

 

例によって、裏の意味は特にありません(笑)

 

サビへいきます。

 

“LISTEN TO ME BOY LISTEN TO ME GIRL”
“眠りにつく前にこの歌を”
“想い寄せる 誰かのため”
“ひとつだけ明日の言葉を”

 

1番では、自分のことに目を向ける表現でしたが、2番では、“想い寄せる 誰かのため”という表現になっていますね。

 

こういった1番と2番での歌詞の対比はゴスペラーズの楽曲ではよく見られます。

 

さて、Cメロへ。

 

“今 流れる メロディに”
“このリズム 探してたんだ 新しい扉を”

 

このあたりはまさに、ラジオで音楽を聴いている感覚ですよね。

 

つまり、元々知っている曲を明確な意思を持って聴いているのではなく、たまたま聴こえてきた曲で好きになって、その結果、自分の世界が広がるという。

 

意外とこういうところから自分の音楽観が変わっていったりします。

 

そして、流れるように最後のサビへ。

 

“アナタガイテ ワタシガイテ”
“初めて淋しさの意味を知る”

 

ここは、人はあくまで他者がいてこその存在であるという、まあ常識といえば常識なんですけど、ひとつの真理をうまく歌詞の世界観にマッチさせています。

 

“遠い街に 離れてても”
“見上げる空は ただひとつ”

 

ここもいいですよね。

 

物理的な距離を越えた、心の繋がってる感とでもいいますか。

 

なんというか、この『真夜中のコーラス』はこのフレーズでもう「勝ったな」といった感じです(笑)

 

そしてラストは、1番のサビをもう一度繰り返して、最後に“歌え”で締めます。

 

そんな『真夜中のコーラス』、やはり私は最後のサビの一回目のラストが大好きですね。

 

そんなわけで、『真夜中のコーラス』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“ひとつだけ明日の言葉を 歌え”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽