賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『月光』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『月光』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『月光』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:北山陽一、田邉香菜子

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ サビ サビ’

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “月のように 両手に光を受け止めて”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ6枚目のアルバム『Soul Serenade』から、『月光』です。

 

ベストアルバム『G10』にも収録されています。

 

全編通して、伴奏がピアノのみという非常にシンプルなアレンジですが、だからこそヴォーカルが際立つ楽曲でもあります。

 

それでは内容に。

 

“いつも君は その場所で 光を守って立っていた”
“あたりまえのように 柔らかな笑顔で”

 

この『月光』の歌詩は非常に抽象的で、いろんな比喩であったりダブルミーニングであったりと、とても解釈が難しいんですよね。

 

まず、“その場所”がどこなのか、とか、“光を守って”ってどういう意味だろうかとか、このフレーズだけではとても解釈しようがありませんよね。

 

“痛みの雫も 気付かないまま 見つめていた”
“背中ごし 覗かせた 頬が 揺らめいて”

 

ここは少しだけわかりやすいですね。

 

“痛みの雫”というのは、すぐ思い浮かぶのは「涙」か「血」のどちらかだと思いますが、まあ、こんな優しい曲調の中でいきなり血が出てくるわけないので涙ですね。

 

後半部分にも裏付けがあって、“頬が 揺らめいて”いるのは涙で輪郭が屈折しているからでしょう。

 

まあ、そんな物理的な考察はいらないんですけど(笑)

 

そしてサビです。

 

“月のように両手に光を受け止めて”
“どんな時も 君を 照らしてる”

 

“君を 照らしてる”ということは、照らしている主体は自分だったということですね。

 

ということは、Aメロでは「君」が主体なわけですから、この『月光』の歌詩の世界観では、お互いがお互いを優しく見守っているという解釈ができるかもしれません。

 

2番でもそのような感じが見られます。

 

“そして僕は この場所で 光を守って立っている”
“強さを優しさの 隣に従えて”

 

やはりそうですね。

 

ここは、安岡さんの得意とする1番と2番で歌詩を対応させるというやり方に乗せつつ、主体が今度は「僕」になっています。

 

後半部分も、そこはかとなく男性的なニュアンスになっていますね。

 

1番では“柔らかな笑顔で”という女性的なニュアンスが近い表現でしたので、ここもいい感じに対照的な表現ですよね。

 

“何も怖くないよ 見上げれば ほら 見つめている”
“明かりがそっと その胸の中に 届くまで”

 

ここも視点は男性の側からですよね。

 

なんとなく、この相手のヒロインは、少し弱い状況にいるようですね。

 

それを、何とか明るい気持ちにさせたいといった感じが見てとれます。

 

そしてサビへ。

 

“月のように両手に光を受け止めて”
“どこにいても 僕を照らすから”

 

面白いことに、今度は主体がヒロインのほうに移っています。

 

それぞれ1番2番ともに、AメロBメロとサビで視点というか主体が逆になるという非常に珍しい分け方だと思います。

 

そして、その流れのまま2回目のサビへ。

 

“信じてる 姿を変えても 迷わない”
“同じ空 二人を 感じてる”

 

今度は、お互いがお互いに対しての想いを同時に表現している感じですね。

 

“姿を変えても 迷わない”というのは、当然ながら、人は今のままずっといることはありえないわけで、それでも、お互いがどのように変わっていっても想いが変わることはないという意味だと思います。

 

そして、後半部分は、『真夜中のコーラス』における、“遠い街に 離れてても 見上げる空はただひとつ”に通じるものを感じます。

 

そしてラストです。

 

“光が守ってくれるから”
“誰より 遠くに離れても”

 

離れていても想いはひとつ、という、ある意味では歌の歌詞としてはよくある一般的な感性なんですけど、ここではそれを、月が見守っているというニュアンスで表現していますね。

 

そんな優しさに溢れた楽曲だと思います。

 

そんなわけで、『月光』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“誰より 遠くに離れても”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽