賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『エンドロール』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『エンドロール』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『エンドロール』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:北山陽一、妹尾武

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ
Cメロ Aメロ’ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “同じ命の水面に 映すだろう”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ9枚目のアルバム『Dressed up to the Nines』から『エンドロール』です。

 

この『エンドロール』は、まさにザ・北山さんといった感じの重厚かつ壮大な世界観の楽曲ですよね。

 

歌詩も非常に抽象的で難しいんですが、なんとか頑張って描かれた世界観を解き明かしていきたいと思います。

 

それでは歌詩の内容に。

 

“流れゆく 名も無き者よ”
“川を満たす 雫の群れよ”

 

この『エンドロール』では、水の流れを命の流れとして喩えていて、その始まりから終わりまでを歌詩のなかで描いています。

 

まず、“名も無き者”というのは我々ひとりひとりのことだと思います。

 

人は誰しも、生まれたときは何者でもないわけで、だからこそ何者にでもなれるというのが、まあ私の持論でもあります(笑)

 

そして、“雫の群れ”という表現からもわかるように、まさに水を命として喩えていますよね。

 

“やがて小さな手が かざす空は”
“ここから仰ぎ見える あの美しすぎる色を”
“同じ命の水面に 映すだろう”
“同じ命の喜びを 残すだろう”

 

だんだんと成長していき、空を見上げ、その美しさがまた、命、つまり我々の感性の豊かさになってゆくということでしょう。

 

そして、次の世代にそういった感性を伝えていくことを、“同じ命の喜びを 残すだろう”という歌詩で表現しているのだと思います。

 

さて、2番へ。

 

“往きし日に 連なる者よ”
“瞬きひとつ 浮かび上がる波よ”

 

前半は、過去から連綿と続いている歴史の中で生きる存在、つまり今の我々ですよね。

 

そして、後半は、基本的に平坦な水面において一際高みにある存在として、“波”という比喩を使っています。

 

これは、なんというか、ある種の成功者というか、目立つ存在のことを言っているのだと思います。

 

“誰も大きな手に 抱かれたまま”
“受け取る 重ね合った数えきれぬ足跡を”

 

ここでの“大きな手”とは、前の世代の命、とりわけ両親の手という解釈を私はしています。

 

後半部分の歌詞は、前の世代が精一杯ともに生きた軌跡、つまり『NEVER STOP』における“僕らの生きた証”に通じるニュアンスを表しているのだと思います。

 

それを新しい世代の命が受け継ぐのだと。

 

そしてここからCメロへ。

 

“儚いのは 迷いじゃない”
“留まることを知らぬ 川の流れを”
“感じながら 過ぎゆくだけ”
“何もかも そのままに”

 

命の儚さというのは、迷っていて進む道が決まっていないからだというわけではなくて、もっと広い視点で見れば、本質的に儚いものなのだということでしょう。

 

この感性に賛成か反対かはともかく、この歌詩からはそういう解釈ができると思います。

 

そして、最後はまた川のように大きな流れの中で無に帰するというわけですね。

 

まさに命の循環ですよね。

 

そしてラスト。

 

“いつの日にか 名も無き者よ”
“おまえが 愛した 空は”
“同じ命の水面に 映すだろう”
“同じ命の喜びを 残すだろう”

 

そして、また命が終わる時には、何者でもなくなっていると。

 

それでも、自然は同じように続いていくということを表しているのだと思います。

 

なんというか、今回は、歌詩の内容自体が非常に哲学的な部分を含んでいるので、私の考察もものすごく抽象的になってしまっていますが、それだけこの『エンドロール』が深い内容だということにしておきましょう(笑)

 

何よりすごいのは、メロディの持つ雰囲気にこれほどまでにマッチした歌詩を書ける安岡さんの作詩能力ですよね。

 

どんな楽曲の歌詩でもそう思わされますが、この『エンドロール』では特にそれが顕著だったと思います。

 

そんなわけで、『エンドロール』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“同じ命の喜びを 残すだろう”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽