賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『逃飛行』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『逃飛行』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『逃飛行』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:黒沢薫

曲の構成は、

Aメロ Bメロ サビ
Aメロ Bメロ サビ
Cメロ サビ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “このまま世界の果てへ 二人で堕ちてゆけたら”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラー5枚目のアルバム『FIVE KEYS』から『逃飛行』です。

 

この『逃飛行』はタイトルが普通の「逃避行」ではなく、「飛」という字が使われていますね。

 

一見すると少し不自然に感じるかもしれませんが、まあ歌詩の内容を考えれば非常に適切な比喩になっていて、意外とエグいテーマを扱っていることがわかります。

 

それでは内容に。

 

“優しく頬に 触れもできずに”
“遠ざかる 背中見つめた”

 

愛していたけれど、愛してあげられなかった。

 

そんな複雑な感情でしょうか。

 

すれ違いから主人公とヒロインの二人が離れてしまうところから歌詩の世界観が始まります。

 

しかし、次の歌詩に注目です。

 

“もしもあなたが 消えてしまえば”
“愛すべき人などない その前に”

 

本当は離れたくないと思っているわけですね。

 

まあ、一般的に多くの失恋ソングはだいたいまだ離れたくないのは当たり前ですよね。

 

もちろん、この『逃飛行』は失恋ソングではないと思いますが。

 

そして、なんといってもサビのインパクトはすごいですね。

 

“このまま世界の果てへ 二人で堕ちてゆけたら”
“身体も溶け合うまで 燃え尽きたなら 同じ空へ”

 

かなりとがった解釈をしますが、これは、心中ですよね。

 

まず、“世界の果て”というのは、非常に抽象的ですが、今いる世界の最も遠い所と考えると、死の淵ととらえられます。

 

また、“二人で堕ちてゆけたら”という表現もそういったニュアンスにぴったりですよね。

 

そして、この楽曲のタイトルである『逃飛行』は、「逃げて飛んで行く」ということですから、燃え尽きて、空に向かってこの世から逃げていくと考えると、まさにそういう事なのではないかと思います。

 

さて、2番へ。

 

“傷付ける術もない 弱い自分に”
“当然のラストシーンさ”

 

いわゆる優しすぎる男というやつですね。

 

振るならこっぴどく振られたい、と望む女性の図というのは物語などではしばしば見受けられますよね。

 

現実ではさすがにちょっとどうなんだろうと思ったりもしますが(笑)

 

ちなみに“ラストシーン”というのは1番のAメロでヒロインが去っていく前が時系列的にはマッチすると思います。

 

つまり、この『逃飛行』は、サビが全体のまとめで、AメロBメロがストーリー展開になっているタイプの楽曲なわけですね。

 

では次へいきます。

 

“いつかあなたが こぼした涙”
“拾いもできずに抱いた それだけで”

 

相手を悲しませてしまったときにも、まともなフォローをしてあげられなかったという後悔やそれを通り越した自分への落胆と諦めのような感情が混ざっていますね。

 

そしてサビへ。

 

“このまま世界の果てへ 全てを捨てにゆこうか”
“彷徨うあてさえない 行き先は一つ 同じ空へ”

 

もはやすべてを捨てるレベルの覚悟であり、もしくは現状に対する絶望ですよね。

 

そして、迷ったり悩んだりするような選択肢すらなく、もはや残された道はひとつだけであると。

 

やはり、心中を歌った歌詩のように感じます。

 

なんというか、逢引や駆け落ちなどという生温いものではない雰囲気が歌詩の節々から伝わってくるんですよね。

 

あとは、歌詩だけではなく、黒沢さん村上さんともに、非常に切迫感のある歌い方をするのでそれも相乗効果となっているように感じます。

 

そしてCメロへ。

 

“愛し合った それさえ罪なら”
“何もかも 何もかも”

 

この最後が、あえて述語を言わないところがまた非常にいい味を出していると思います。

 

おそらく、「捨てる」や「終わりだ」のようなニュアンスの言葉を想定しているんでしょうけど、ここも非常に絶望的な歌詩ですよね。

 

そんなあまりにもあまりな余韻を残して、間奏をはさんで最後のサビへ。

 

最後のサビは、1番2番のサビをそれぞれ繰り返すんですが、より切迫感の増した歌い方をしますね。

 

そんな非常にハードな内容を扱った楽曲でした。

 

そんなわけで、『逃飛行』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“行き先は一つ 同じ空へ”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽