賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『夢の外』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年5月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『夢の外』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『夢の外』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:酒井雄二、黒沢薫、J.Que

曲の構成は、

Aメロ サビ
Aメロ サビ
サビ フェイク サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “君に one more kiss 恋心を”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラー6枚目のアルバム『Soul Serenade』から『夢の外』です。

 

この『夢の外』は『永遠に』と同じ人が編曲やアレンジをやっているので、確かにサウンドが似ていますよね。

 

なんというか、音に非常に高級感が感じられます。

 

歌詩もそこはかとなく怪しげな雰囲気が漂っていて非常にいいですよね。

 

では内容に。

 

“甘い言葉 胸をかすめる誘い なぜ冷たい”
“恋に怯えた 臆病な果実が眠るまま”

 

初っ端から雰囲気ありまくりですね。

 

そして、実は、いきなり難しいです。

 

まず、どちらがどちらを誘っているのか。(ちなみに歌詩の“誘い”は「いざない」と読みます)

 

おそらく、普通に考えれば、男性の側が女性を誘っているんだと思うんですが、女性の方が主体的に大胆に振る舞っているけれども、なぜかそれが男性の側にとっていまいち熱が入り切れていなく感じてしまい、それは実は恋に臆病な女性の精一杯のハッタリだった……。

 

というストーリーを妄想してしまった結果、「それはそれで非常に萌えるッ!!!」と思ってしまいました(笑)

 

そしてサビへ。

 

“君に one more kiss 恋心を”
“夢の外に 目覚めさせたい すぐに”

 

ここの歌詩も、“夢の外に目覚めさせたい”ということは、前提として、今は夢の中で恋をしているということになってしまいますよね。

 

まるで恋に恋する乙女のようじゃないですか。

 

だからこそ、男性の側は、現実で(つまり“夢の外”で)自分に恋してほしいと願うわけですね。

 

“君に one more kiss 感じるなら”
“夢の外に 出ておいで”

 

そして、その気があるならいつでも受け入れると。

 

一見チャラいかのように思えて、意外と包容力のある大人ですね……!

 

さて、2番へ。

 

“問いかけて 映る鏡の中で君は綺麗さ”
“ずっと見つめていたい 閉じこめた炎を燃やそう”

 

「鏡よ、鏡、この世で一番美しいのは誰ですか?」と、問いかけるわけですね(笑)

 

いや、それは冗談としても、似たようなニュアンスだと思います。

 

そして、“閉じこめた炎”というのは、1番ででてきた“恋に怯えた臆病な果実”とほとんど同じ意味ですよね。

 

そこを解放しようというわけです。

 

そしてサビへ。

 

“君に one more kiss 唇から”
“いつもそばに 一人にしない”

 

ここは、表現自体はある意味ありきたりで非常にわかりやすいですね。

 

特に頑張って解釈する余地もあまりありません。

 

“君に one more kiss 熱い肌で”
“いつもそばに 抱きしめたい”

 

“熱い肌で”というのは、“閉じこめた炎”が燃えているからですね。

 

こういう細かいところでちゃんと論理が繋がっているので安岡さんの作詩は非常に聴いていて心地良いんですよね。

 

このあとは、間奏をはさんで、1番と2番のサビをそれぞれフェイクなども交えながら繰り返します。

 

なので、意外と歌詩のボリュームが少ないんですよね(笑)

 

そして、曲調や世界観が怪しげな割に、意外と歌詩の内容自体はかなりピュアともいえる楽曲でした。

 

そんなわけで、『夢の外』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“いつもそばに 抱きしめたい”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽