賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『夏風』歌詩の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年6月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『夏風』の歌詩について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『夏風』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詩:安岡優
作曲:安岡優

曲の構成は、

サビ(半分)
Aメロ サビ
Aメロ サビ
Cメロ サビ

といった感じです。

歌詩を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “忘れない 愛しさも 切なさも”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズが大きくブレイクするきっかけとなった『永遠に』のカップリング曲である『夏風』です。

 

この『夏風』は、作詩と作曲どちらも安岡さんなんですが、『Yes, No, Yes…』や『Oh Girl』や『Your Hero』のような、いわゆる、「自分用」に書いた曲というよりは、『砂時計』や『Simple Words』のような「ゴスペラーズ用」に書いた楽曲という感じがします。

 

なんかすごく主観的なイメージの発言ですけど、伝わりますかね(笑)

 

そんな『夏風』、非常に爽やかな世界観の中で、思い出を振り返るという少し切なさも混じった楽曲ですね。

 

では、歌詩の内容に。

 

“忘れない 愛しさも 切なさも”
“暖かく頬をつたう 永遠に”

 

まずはサビの半分ですね。

 

ここはメロディとの兼ね合いでちょっとフレーズの繋がりが不完全なので1番のサビのところで改めて言及しますね(笑)

 

“夏の風が優しく 渇いた髪を揺らすから”
“美しすぎて 思わず見とれてた 君が眠るまで”

 

“渇いた”という歌詩表記はなかなか味がありますよね。

 

通常であれば、髪は「乾かす」ものですから、あえて“渇いた”という表現にするのは何らかの意味があるということでしょう。

 

つまり、物理的にただ乾燥しているという話ではなくて、人の温もりを求めているというニュアンスを加えたくてこの表記にしているのではないかなと思います。

 

そして、このAメロはメインとなる述語が“見とれてた”ですから、過去のことを歌っていることがわかりますね。

 

サビにいきます。

 

“忘れない 愛しさも 切なさも 抱きしめたまま”
“今 恋をした夏の風が 暖かく頬をつたう 永遠に”

 

“愛しさも 切なさも”ずっと心に留めておく。

 

そんな暖かくも切ない想いを、夏の風とともに憶えていようという内容ですね。

 

この『夏風』はメロディ的に音数が割と少ないので、なかなか全体的な詳しいストーリーまで描くことは難しいのだろうと思いますが、楽曲自体が持つ雰囲気というのはとてもよく伝わってきますよね。

 

では2番へ。

 

“無くした季節は 二度と戻らない”
“本当に 愛した人だから 焼け付く程”

 

やはり、全編通して回想シーンといった感が強いことがわかります。

 

前半部分に関しては、過去には二度と戻れないという単純な意味と、“焼け付く程”の恋をするような季節はもう二度と来ることはないという意味のダブルミーニングだと思います。

 

後半は音数の関係で倒置になっていますが、意味は簡単ですね。

 

この後はまた1番と同じ歌詩のサビがきますね(最後の“永遠に”はありませんが)

 

そして、Cメロです。

 

“眩しすぎた 思い出だけ 蘇る”
“風の色が変わる前に もう一度だけ”

 

この『夏風』はある意味、嫌な言い方をすると、終わった恋に対する未練の歌なわけですけど、なんとなく歌詩の雰囲気からはそういったドロドロした感情はまったくなく、むしろかなり爽やかな回想シーンとして描かれていますよね。

 

このCメロもまさにそうで、“風の色が変わる前に”というのは、季節が変わる前にということでしょう。

 

そして転調してサビへ。

 

サビの歌詩は1番と同じなので問題ないですね。

 

ラストは、“暖かく頬をつたう”というフレーズで終わります。

 

そんな、最後まで爽やかな夏の恋物語でした。

 

というか、爽やかじゃない夏の曲というと『熱帯夜』ぐらいですよね(笑)

 

という、余談にもほどがある余談ですが。

 

そんなわけで、『夏風』の歌詩を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“暖かく頬をつたう”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽