賢哲なる恣意性

桐峰矜公式ブログ

  

*

ゴスペラーズ『コーリング』歌詞の意味,解釈,考察

   

本記事は2013年6月に桐峰矜の別のブログ『キョウのゴスコトバ』に投稿された記事を移行させたものである。このブログ『賢哲なる恣意性』とはだいぶ文体などのテイストが違うけれども、せっかくなのでそのまま載せようと思う。

 

 

≪≪≪以下、本文≫≫≫

皆様こんにちは。

桐峰矜(きりみねきょう)です。

今回は、The Gospellers(ゴスペラーズ)の『コーリング』の歌詞について、私、桐峰矜の独自の視点から解釈と考察をしていきたいと思います。

皆様どうぞよろしくお願いします。

 

≪楽曲基本情報≫

『コーリング』The Gospellers(ゴスペラーズ)

作詞:村上てつや
作曲:村上てつや、妹尾武

曲の構成は、

Aメロ サビ
Aメロ サビ サビ
Cメロ サビ サビ’

といった感じです。

歌詞を引用する場合には、“二重引用符”を使います。
例 “焦がれて 焦がれて 募る想いなら 今でも”

 

≪解釈&考察≫

さて、ゴスペラーズ9枚目のアルバム『Dressed up to the Nines』から『コーリング』です。

 

ベストアルバム『G10』にも収録されていますね。

 

また、面白いことに、『Dressed up to the Nines』と『G10』では『コーリング』と『街角-on the corner-』の曲順が逆になっているんですよね。

 

という楽曲それ自体の内容と全く関係ない話ですが(笑)

 

では内容にいきましょう。

 

“ふるえる恋に 心重ねて 答えは出たのに”
“抱きしめたらすぐに こぼれてしまう”
“涙の雫 なくなるように”

 

まず、“ふるえる恋”というのは、とても気持ちが盛り上がっているという意味と、行く先がまだわからなくて不安があるという意味のふたつを同時に表わしているのだと思います。

 

そして、“心重ねて答えは出た”というのは相手も同じ気持ちだとわかったということですね。

 

ここまではまあ、ある意味で普通のラブストーリーなんですが、この後がなんとも村上さんらしい世界観です。

 

抱きしめたら涙がこぼれるという感性は『新大阪』でもお馴染みなわけですが、この本来幸せな行為のはずなのに表面に出てくるのは悲しみの感情表現になってしまうという描写は、なかなか他の方の作詞では見られない大きな特徴だと思います。

 

そこからサビへ。

 

“焦がれて 焦がれて 募る想いなら 今でも”
“応えて 応えて こんなに近くで呼んでる あなたのことだけ”

 

Aメロで“答えは出たのに”も関わらず、まだまだ想いは現在進行形で増しているのだという、非常に愛情深い表現ですね。

 

後半もニュアンス的には同じで、こんなにもあなたを求めているのだという、かなり正統派かつ情熱的なラブソングといった感じだと思います。

 

さて、2番へ。

 

“二人出逢えた 本当の意味を 考えはじめる”
“あの日あなたがくれた 小さな願いの”
“囁くうちに 消えないように”

 

今度は軽く運命論的な感じですね。

 

まあ確かに、恋愛に限らずすべての人間関係において、何のために自分たちは出会ったんだろうかと考えてみるのもときには悪くないかもしれません。

 

そして、二人で何かしらの進むべき道を見出して、それが口に出せているうちはいいのですが、ともすると人の決意というものは簡単に妥協を許してしまうものなので、それを忘れないようにいつも心に留めておこうというのが、“囁くうちに 消えないように”という歌詞で表現されていることなのだと思います。

 

サビへいきます。

 

“託して 託して 積もる言葉なら いつでも”
“答えて 答えて こんなに近くで呼んでる あなたのことだけ”

 

この主人公は何度も何度もヒロインに対して様々な愛情表現のための言葉を投げかけているわけですね。

 

そして、後半部分で興味深いのは、1番のサビでは“応えて”になっていますがここでは“答えて”ですね。

 

「応える」というのはリアクションをすることで、「答える」というのはアンサーをすることです。

 

つまり、この2番のサビでは、自分が投げかけた言葉に対して、あなたはどう思っているのかという、その「答え」を求めて相手を呼んでいるということになりますね。

 

歌は本来、音声だけで成り立つものですから、歌詞の漢字表記にまで着目するようなマニアックな人間は私ぐらいしかいないかもしれませんが(笑)こういった部分も演出として非常に味のあるところだと思います。

 

この後はまた1番と同じ歌詞のサビがきます。

 

そしてCメロへ。

 

“また夏が来るから やさしく歌って欲しいよ”
“僕の魂から 奪って あなた以外の全てを”

 

なるほど、そういえば『Dressed up to the Nines』のリリースは3月ぐらいでしたね。

 

まあ、歌詞の中で季節に関する表現が出てくるのがここだけなのでちょっと何とも言えない感もあるんですが(笑)しかし、このCメロに関しては、後半部分の歌詞でもう完全に勝ちですよね。

 

初めてここを聴いたときは結構衝撃を受けました。

 

そこはかとなく英語的な表現ですよね。

 

I want nothing but you. といった感じでしょうか。

 

なぜ英訳したのかわかりませんが(笑)

 

この後は、また1番のサビと2番のサビがそれぞれ繰り返されます。

 

最後は村上さん黒沢さんがそれぞれフェイクを入れてラストに繋がります。

 

そんな『コーリング』、ラストはどうしても3度上でハモりたくなってしまいます(笑)

 

これって密かにゴスマニあるあるなんじゃないかと勝手に思っているんですが実際どうなんでしょうか。

 

という歌詞と関係ない話もたまにはしますということで(笑)

 

そんなわけで、『コーリング』の歌詞を私なりに解釈し、考察してみました。

 

いかがでしたでしょうか。

 

これからもゴスペラーズの数多くの楽曲の歌詞(歌詩)を幅広く独自の視点で解釈&考察していきたいと思います。

 

今回は最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

“Callin’ Callin’…”

 

桐峰矜

 

≪≪≪以上、本文≫≫≫

 

 - 音楽